document.write(''); [料理レシピ] しめサバ(〆鯖) - その他 - サバ - 刺身 - 奈る駒:釣り河北
ENJOY FISHING フィッシングライフをサポートする釣り情報サイト 河北新報オンラインニュース河北新報オンラインコミュニティー
料理レシピ
釣った魚をおいしく!プロが教える至極の調理法!!

しめサバ(〆鯖)

更新日 2015年9月 2日
完成図
完成図

脂のよく乗った良型のサバが釣れたら、新鮮なまま持ち帰り、〆サバでいただきたい。魚の大きさや室温、好みに合わせて、塩と酢のつけ具合を調整するのがミソ。
※料理法はマサバもゴマサバも一緒です。

親方のワンポイントアドバイス

塩や酢につける時間は、季節によって異なります。塩と酢それぞれ、気温の高い夏で1時間、冬で2時間くらいを目安に、体感温度に合わせて調整してください。また、魚が大きく、脂が乗っている場合は、浸透するのに少し時間がかかります。

 
 

材料

・3枚におろしたサバ
・塩(できれば天然のあら塩) 適量
・酢 適量

①塩につける

まんべんなく塩をふってベタ塩にし、バットなどで1~2時間ほど置く(※参考:ワンポイントアドバイス)。室温で、ラップなども不要。

②塩を洗い流す

時間が経ったら、塩を流水で洗い流し、ザルやふきん等で水気をしっかり切る。

③酢につける

バットなどに酢を入れ、身を浸して1~2時間ほど置く(※参考:ワンポイントアドバイス)。時間が経ったら流水で酢を洗い流し、ザルやふきん等で水気をしっかり切る。少し冷やす場合は、この状態でラップなどに包んでから冷蔵庫に入れる。

④小骨等を取る

A:腹骨をそぎ切りにする。B:骨抜きを使って身の小骨を丁寧に抜く。C:薄皮を剥く。上手く剥けないときは骨抜きなどを使うとやりやすい。

⑤盛り付け

サクは先に半分に分けておくと切りやすい。1cm幅くらいに切り、盛りつければ完成。

奈る駒本店

(TEL) 022-263-2802
(住所) 宮城県仙台市青葉区国分町2-9-18
(営業時間) 月~土 17:00~翌2:00
            日・祝 17:00~24:00
(URL) http://tsuri-kahoku.jp/kokuti/narukoma.html

 
 
 
 
 
 
PR