document.write(''); [料理レシピ] ブリ下準備 - まる特漁業部 - ブリ - 下準備 - 執筆者 - 調理方法 - 魚種:釣り河北
料理レシピ
釣った魚をおいしく!プロが教える至極の調理法!!

ブリ下準備

更新日 2012年3月30日

ブリのエラ、ウロコ、内臓を取るまでの、各レシピに共通の手順。頭もアラ炊きやブリ大根に使えるので、胸ビレ付近の身が頭といっしょに残ってしまっても大丈夫!

 
 

①水で洗う

タワシやフキンなどを使い、魚体のゴミや血を洗い流す。

②ウロコを取る

出刃包丁で両面のウロコを取る(プロの料理人はすき引きする場合もある)。

体に付いたウロコをざっと洗い流しておく。

③エラを取る

最初にエラの後ろの膜を切る。

エラの背中側の接続部分を切り離す。

エラの腹側の接続部分を切り離す。

両側のエラを取り除き、中に残った血やゴミをきれいに洗い流しておく。

④内臓を取る

肛門から包丁を入れて、腹を開く。

内臓を引き出す。腹につながっている部分は包丁で切り離す。

中骨の血合いの部分に包丁で切れ目を入れる。

血合いはササラなどできれいに取り除く。ササラが無ければ、かわりに竹串を束ねたものを使ってもいい。

血合いをきれいに洗い流し、水分と汚れをきれいに拭き取る。

⑤頭を落とす

腹側を手前に向け、胸ビレの後ろから包丁を入れる。

中骨に当たるまで片側を切る。※後でアラ炊きにするので、身が少しくらい残ってもOK。

反対側は、背中側を手前にして、胸ビレの後ろから包丁を入れる。中骨を落とすときは、魚体をしっかり固定してから、骨節の継ぎ目のあたりを切る。

【関連記事】
◆サク取りの方法はコチラ

ブリのサク取り
◆こちらのレシピもどうぞ!
寒ブリの焼き霜造り
寒ブリのひと口ステーキ
寒ブリのあら炊き

浜の漁師居酒屋 こちら丸特漁業部 本店

(TEL)022-263-0109
(住所)宮城県仙台市青葉区国分町2-10-15 ピースビル国分町B1F
(営業時間)17:00~翌5:00
(日曜・祝日)17:00~24:00
(定休日)年末年始

 
 
 
 
 
 
PR