document.write(''); [料理レシピ] ブリのサク取り - まる特漁業部 - ブリ - 執筆者 - 捌き方 - 調理方法 - 魚種:釣り河北
料理レシピ
釣った魚をおいしく!プロが教える至極の調理法!!

ブリのサク取り

更新日 2012年3月30日
完成図
完成図

ここではブリを2枚おろしにして片側の身をサク取りするまでの手順をご紹介。2枚おろしにした後、同じようにもう片側もおろせば3枚おろしとなり、勿論、そちらからもサクが取れる。

 
 

①背中側から開く

背中側を手前に向け、尾の付け根から包丁を入れる。

丁寧に包丁を入れ、中骨に当たるまで開く。

②腹側を開く

今度は腹側を手前に向け、腹腔の切れ目から包丁を入れる。

丁寧に包丁を入れ、中骨に当たるまで開く。

③中骨と身を切り離す

再び背中側を手前に向け、尾の付け根を持ちながら、尾から頭側に向けて半身を切り離す。

最後に尾の付け根を切り離せば...

2枚おろしの完成。

④腹骨を切り取る

包丁の刃を上に向け(逆さ包丁)、身と腹骨の間に切れ目を入れていく。

刃先が下になるように包丁を持ち替え、骨に当てながら腹骨を削ぎ切る。

⑤血合い骨を取る

血合い骨(半身の真ん中の小骨)の背中側に切れ目を入れていく。

そのままきれいなサクになるように切る。

腹側の身に残った血合い骨を包丁で削ぎ切る。

血合い骨と身を分けたところ(真ん中が血合い骨)。

さらに料理法に合わせてサクの大きさ、形を整える(残った身や中骨はアラ炊きなどに使える)。

【関連記事】
◆下処理はコチラ

ブリの下準備
◆こちらのレシピもどうぞ!
寒ブリの焼き霜造り
寒ブリのひと口ステーキ 寒ブリのあら炊き

浜の漁師居酒屋 こちら丸特漁業部 本店

(TEL)022-263-0109
(住所)宮城県仙台市青葉区国分町2-10-15 ピースビル国分町B1F
(営業時間)17:00~翌5:00
(日曜・祝日)17:00~24:00
(定休日)年末年始

 
 
 
 
 
 
PR