document.write(''); [料理レシピ] 寒ブリの焼き霜造り:釣り河北
料理レシピ
釣った魚をおいしく!プロが教える至極の調理法!!

寒ブリの焼き霜造り

更新日 2017年11月21日
完成図
完成図

そのまま刺身にしてもおいしい寒ブリの表面を炙って、焼き霜に仕上げた一品。特に脂の乗った腹側の身などは、そのまま刺身にするとちょっと飽きてしまうこともあるものだが、このレシピなら適度に脂が落ちるので、自然と箸もすすむ。

親方のワンポイントアドバイス

表面だけ炙って余分な脂を落としたら、すぐに氷水で熱を取ることが大切です。もみじおろしにポン酢をしみこませて、タップリの薬味と一緒に食べると最高ですよ!

 
 

材料

・ブリのサク 適量
・塩 少々
・薬味(小ネギ、もみじおろし、など) お好みで
・ポン酢 適量

①皮を引く

サクの皮を下に置いて、包丁で皮を引く。

②串を刺す

炙りやすい大きさにサクを切り、扇状に串を刺す。ここで少し塩を振っておく。

③皮目から炙る

まずは皮目を下にして、表面だけ軽く炙る。

反対側も表面だけ炙る。脂がポタポタ落ちて火が点いても大丈夫。

④氷水にさらす

表面に火が通ったら、すぐに氷水にさらす。

熱が取れたらフキンなどで水気を取る。

⑤盛り付け

食べやすい厚さに切り、薬味と一緒に盛り付ければ完成。

【関連記事】

[関連]

ブリの下処理

[関連]

ブリのサク取り

[関連]

ブリのあら炊き

[関連]

寒ブリのひとくちステーキ

浜の漁師居酒屋 こちら丸特漁業部 本店

(TEL)022-263-0109
(住所)宮城県仙台市青葉区国分町2-10-15 ピースビル国分町B1F
(営業時間)17:00~翌5:00
(日曜・祝日)17:00~24:00
(定休日)年末年始

 
 
 
 
 
 
PR