document.write(''); [料理レシピ] スズキのカルパッチョ風サラダ:釣りTiki東北
料理レシピ
釣った魚をおいしく!プロが教える至極の調理法!!

スズキのカルパッチョ風サラダ

更新日 2012年3月29日
完成図
完成図

生野菜の上に刺身を盛りつけ、ドレッシングをかけた、和風のカルパッチョといった感じのサラダ。タタキのように表面だけ加熱しているのがポイントで、少量の油で焼くことで、淡白なスズキにトロミと旨味を加えることができる。さっぱりとした自作の梅ドレッシングとも相性抜群!

親方のワンポイントアドバイス

皮目をちょっとパリっとさせると食感がよくなるのですが、加熱すると皮目の脂肪分が軟らかくなって皮が剥がれやすくなります。冷蔵庫でいったん冷ましてから薄切りにすると上手く切れますよ。

 
 

材料

・スズキ 1/4尾
・お好みの野菜(今回はベビーリーフ、パプリカ、カリフラワー、ソラマメなどを使用)
・塩少々
・梅ドレッシング(サラダ油2:ワインビネガー1、梅肉適量、しょう油少々、砂糖少々、シソの葉みじん切り少々)

①サク取り

半身の血合い骨の部分に包丁で切れ目を入れる。

血合い骨を取り除く。

サク取りまで完了。

②塩を振る

少量の塩を振って置き、身を引き締める。

③表面を焼く

フライパンにサラダ油を熱し、皮目を下にして強火で焼く。

皮目がパリっとなったら、身のほうも軽く火を通す。火を通し過ぎると焼き魚になってしまうので、ほんの表面だけに火が通るようにする。

表面を焼いたらすぐ、氷水に入れて、あら熱を取る。

布巾やキッチンペーパーで水気を取る。さらに、皮が浮くのを防ぐため、冷蔵庫にしばらく置いて冷ます。

④盛り付け

冷蔵庫に入れて冷ましたら、柳刃包丁などで薄く切る。

表面だけ火が通り、中は淡いピンク色を残した綺麗な仕上がり。

野菜と身を盛り付け、最後にオリジナル梅ドレッシングをかけていただく。

浜の漁師居酒屋 こちら丸特漁業部 本店

(TEL)022-263-0109
(住所)宮城県仙台市青葉区国分町2-10-15 ピースビル国分町B1F
(営業時間)17:00~翌5:00
(日曜・祝日)17:00~24:00
(定休日)年末年始

 
 
 
 
 
 
PR