document.write(''); [料理レシピ] マダイのカルパチョ風サラダ:釣り河北
料理レシピ
釣った魚をおいしく!プロが教える至極の調理法!!

マダイのカルパチョ風サラダ

更新日 2017年6月 2日
完成図
完成図

湯霜にした皮を残した松皮造りを応用した「お刺身サラダ」。脂の乗った皮目がウマいのだ。

児玉料理人のワンポイントアドバイス

今回は梅肉とポン酢でさっぱりしたドレッシングを作ってみました。野菜は何を合わせてもいいのですが、ミョウガや万能ネギなど薬味系を色々試してみると楽しいですよ。

こんな記事も読まれています

真鯛の下準備

 
 

材料

・マダイ半身 2枚
・好みの野菜類(今回はレタス、ミョウガ、万能ネギを使用)
・ドレッシング(梅肉1個、ポン酢:オリーブオイル=1:1)

①霜降りする

皮に包丁で軽く切れ目を入れる(熱湯をかけた際に丸くなるのを防ぐため)。

皮の切れ目が白くなるくらい、さっと熱湯をかける。魚が大きい場合は皮も厚いので、大きさに合わせてかけるお湯の量を加減する。

熱湯をかけたらすぐに氷水につけ、あら熱を取る。

熱を冷ましたら、水気をしっかり取る。

②ドレッシングを作る

梅干し1個分の梅肉を包丁で刻む。

ペースト状になるまで梅肉をたたく。市販のチューブ等を使用しても可。

ボール等に同量のポン酢とオリーブオイルを合わせる。

そこに梅肉を加え、しっかり混ぜ合わせる。

③刺身にする

皮が付いた側を下にしてまな板に乗せ、中骨の小骨を取る(サク取り)。

皮が下になるようにサクをまな板に乗せ、斜めにそぎ切りにする。霜降り後、しっかり身が締まっていないと皮が剥がれやすいので、必ず皮を下に置き、皮がきれいに残るようにする。

好みの野菜を敷き、皮目がきれいに見えるように盛り付けて、ドレッシングをかければ完成。

[関連]

真鯛の活造り

[関連]

真鯛のあっさり蒸し物

浜の漁師居酒屋 こちら丸特漁業部 本店

(TEL)022-263-0109
(住所)宮城県仙台市青葉区国分町2-10-15 ピースビル国分町B1F
(営業時間)17:00~翌5:00
(日曜・祝日)17:00~24:00
(定休日)年末年始

 
 
 
 
 
 
PR