document.write(''); [料理レシピ] ヒラメの揚げダシ風:釣りTiki東北
料理レシピ
釣った魚をおいしく!プロが教える至極の調理法!!

ヒラメの揚げダシ風

更新日 2012年3月29日
完成図
完成図

ホクホクに揚げた身をトロリとした大根おろしあんでやさしく包んだ一品。薄めに味付けした温かいおろしあんが、ヒラメの上品な身によく合います。

児玉料理人のワンポイントアドバイス

新鮮なヒラメは、タップリの油でカラッと揚げましょう。また、おろし餡を作るときの注意ですが、大根おろしは水溶き片栗粉を入れる直前に加えましょう。最後に入れてしまうとうまく混ざりませんよ。

 
 

材料

・5枚おろしにしたヒラメ切り身 好みの量
・小麦粉 適量
・揚げ油 適量
・おろしあん(ダシ汁6:うす口しょう油1:みりん1:砂糖少々、大根おろし 適量、水溶き片栗粉 適量)

①ひと口サイズに切る

5枚おろしにした身から、包丁で皮を引く。

エンガワと身を指で切り離す(エンガワは簡単に取ることができる)。今回はエンガワの部分は使わなかった。縁側は刺身など別の調理法でいただくのがオススメ。

身をひと口サイズに切る。

②揚げる

切り身全体に小麦粉をまぶす。

180℃くらいの油で表面がカラッとなるまで揚げる。

③おろしあん(みぞれあん)を作る

鍋にダシ汁6:うす口しょう油1:みりん1:砂糖少々を加えて熱する。この時、濃い口しょう油しか無ければそれでも大丈夫なのだが、うす口を使うことで餡の色が薄くなり、揚げた身とよく合って美味しそうに仕上がる。

大根おろしはよく水気を切っておく。

水気を切った大根おろしを鍋に加え、よく混ぜ合わせる。

最後に水溶き片栗粉を加えて、トロミを出せば餡の出来上がり。皿や小鉢に盛り付け、好みであさつきなどを散らしていただこう。

【関連記事】
ヒラメの下準備
ヒラメの5枚おろし
ヒラメ刺の納豆和え
ヒラメのソテー・マヨソース仕立て

浜の漁師居酒屋 こちら丸特漁業部 本店

(TEL)022-263-0109
(住所)宮城県仙台市青葉区国分町2-10-15 ピースビル国分町B1F
(営業時間)17:00~翌5:00
(日曜・祝日)17:00~24:00
(定休日)年末年始

 
 
 
 
 
 
PR