document.write(''); [料理レシピ] オキメバルの木の芽揚げ - まる特漁業部 - オキメバル - 揚げ物:釣り河北
料理レシピ
釣った魚をおいしく!プロが教える至極の調理法!!

オキメバルの木の芽揚げ

更新日 2017年11月 8日
完成図
完成図

木の芽を衣にまぶした天ぷらは、サクサクの衣とともに、春らしい香りと苦みがお口に広がる。筒状に丸まって、食べやすいのもまた嬉しい。

親方のワンポイントアドバイス

天ぷらを揚げすぎると、木の芽の緑色が茶色っぽくなってしまうので注意しましょう。生でも食べられる新鮮なオキメバルは、余熱も考えて早めに油から上げ、熱いうちに塩だけでいただくと最高です。

 
 

材料

・オキメバルの半身 適量
・天ぷらの衣(卵、小麦粉、水) 適量
・小麦粉 少々
・木の芽(山椒の芽) 少々
・付け合わせの山菜(フキノトウ、タラの芽)好みで適量
・揚げ油 適量
・塩 少々

①天ぷら衣をまぶす

あらかじめ木の芽を細かくみじん切りにしておく。

オキメバルの半身に小麦粉をまぶす。
※今回はオキメバルが小さいため半身をそのまま使ったが、オキメバルが大きいときは適当な大きさの切り身にする。

薄めに溶いた天ぷらの衣に木の芽を加える。

木の芽とともに衣をまぶす。

②揚げる

約180℃の油で揚げる。

途中、衣を足して花を咲かせながら、2~3分ほど揚げる。切り身が浮いてきて、音が変わり始めたら油から上げる。揚げ過ぎに注意。

③付け合わせの準備

付け合わせの山菜類は、素材の香りを活かすために、木の芽の入っていない衣で揚げる。

しっかり油を切ってから盛り付け、岩塩や藻塩、抹茶塩など、好みの塩でいただく。もちろんツユやしょう油などでもOK。

【関連記事】

[関連]

オキメバルの下準備

[関連]

オキメバルの3枚おろし

[関連]

オキメバルの焼き霜サラダ

[関連]

オキメバルの煮付け

浜の漁師居酒屋 こちら丸特漁業部 本店

(TEL)022-263-0109
(住所)宮城県仙台市青葉区国分町2-10-15 ピースビル国分町B1F
(営業時間)17:00~翌5:00
(日曜・祝日)17:00~24:00
(定休日)年末年始

 
 
 
 
 
 
PR