document.write(''); [料理レシピ] サワラの炙り刺し:釣りTiki東北
料理レシピ
釣った魚をおいしく!プロが教える至極の調理法!!

サワラの炙り刺し

更新日 2018年3月15日
完成図
完成図

新鮮なうちは、生でいただくのがおすすめ。普通に皮を引いて刺身にしても十分においしいのだが、ここでは皮目を炙って炙り刺しにした。サバやカツオより爽やかな皮目の香りと、なめらかな脂がベストマッチ!

吉田料理人のワンポイントアドバイス

サワラは皮周りが非常にうまい魚です。炙るときは、皮目を食べやすいように、しっかり焼きましょう。良型になればなるほど脂の乗りがよくなり、大変美味になりますよ。

材料

・サワラ 適量
・塩 少々
・薬味 お好みで少々

①小骨を取る

中骨の小骨に沿って包丁を入れ、背側の身を切り離す。

小骨に沿って包丁を入れ、血合いと小骨を取り除く。

小骨を取り除いたところ。

②炙る

中骨を取った身を適当な大きさに切り、写真のように串を刺す。

皮目にうすく塩を振る。

皮目の方から直火で炙る。

軽く焦げ目がついたら、身の内側もさっと炙る。

身の方は表面がうっすら白っぽくなる程度で、あまり火を通しすぎないようにする。

すぐに氷水で締めて、身の中まで熱が回らないようにする。

キッチンペーパー等で水気をよく拭き取る。

 
 

③切る

皮目に飾り包丁を入れる。

飾り包丁を入れてから刺身にして、綺麗に盛り付ける。

【関連記事】
サワラの下準備
サワラの3枚おろし
サワラのたたき
サワラの味噌漬け焼き
サワラの煮おろし

浜の漁師居酒屋 こちら丸特漁業部 本店

(TEL)022-263-0109
(住所)宮城県仙台市青葉区国分町2-10-15 ピースビル国分町B1F
(営業時間)17:00~翌5:00
(日曜・祝日)17:00~24:00
(定休日)年末年始

 
 
 
 
 
 
PR