document.write(''); [料理レシピ] サワラの味噌漬け焼き:釣りTiki東北
料理レシピ
釣った魚をおいしく!プロが教える至極の調理法!!

サワラの味噌漬け焼き

更新日 2018年3月15日
完成図
完成図

味噌漬けは、サワラ料理の大定番。西京味噌で作れば西京漬けになるのだが、ここでは仙台味噌をみりんで伸ばして作った。脂の乗ったサワラの身は、味噌に漬けて焼いてもふっくらとしていて、魅力を失わない。

吉田料理人のワンポイントアドバイス

味噌に漬ける方法には、間にガーゼなどを挟む場合もあるのですが、今回は直接両面に味噌を塗る「どぶ漬け」にしました。あまり長く漬け過ぎると、身が硬くなってしまうので気を付けましょう。

材料

・サワラ 好みで適量
・味噌 適量
・みりん 適量
・付け合わせ 好みで

①切り身にする

サワラを3枚におろし、腹骨を取る。中骨の小骨は骨抜きで抜く。

背から腹へと好みの厚さで切り、切り身にする。

②味噌に漬ける

タッパーなどの容器に味噌を入れ、みりんを加えて伸ばす。なめらかなペースト状になったら、切り身を入れる。

切り身の両面をまんべんなく味噌で包む。

ラップをして、冷蔵庫で1日くらい置く(漬けこむ時間が長すぎないように調整する)。

③焼く

焼く前に、表面に付いた味噌を指で落とす。

切り身が真っすぐになるように、串を刺す(グリルや焼き網で焼く場合は不要)。

皮目の側から焼く。

皮目に焼き色がついたら、向きを変えてしっかり焼き上げる。

【関連記事】
サワラの下準備
サワラの3枚おろし
サワラの炙り刺し
サワラのたたき
サワラの煮おろし

浜の漁師居酒屋 こちら丸特漁業部 本店

(TEL)022-263-0109
(住所)宮城県仙台市青葉区国分町2-10-15 ピースビル国分町B1F
(営業時間)17:00~翌5:00
(日曜・祝日)17:00~24:00
(定休日)年末年始

 
 
 
 
 
 
PR