document.write(''); [料理レシピ] タコ(ミズダコ)のあらい - まる特漁業部 - ミズダコ - 刺身:釣り河北
料理レシピ
釣った魚をおいしく!プロが教える至極の調理法!!

タコ(ミズダコ)のあらい

更新日 2017年5月29日
完成図
完成図

さっと湯通しすることで、刺身とはまた異なるコリコリと適度な歯ごたえが生まれ、ぐっと食べやすくなる。生では硬すぎた吸盤も、洗いにすることで独特の食感を楽しめる。

吉田料理人のワンポイントアドバイス

洗いではタコの身の食感を楽しめるように、やや厚めのそぎ切りにします。身の湯通しは熱湯にさっと一瞬くぐすだけ。吸盤の方は表面が白っぽくなるまで、しっかりと湯通しします。

【関連記事】
ミズダコの下準備
ミズダコのお刺身
ミズダコのチーズ焼き
ミズダコのやわらか煮
 
 

材料

・ミズダコの足と吸盤 適量
・梅ダレ(梅肉+みりん+砂糖)

①捌く

刺身と同様の手順で、足の皮を剥く。

身に包丁を斜めに入れ、そぎ切りにする。

先ほど剥いた皮から余分な皮を切り離し、吸盤だけにする(切り離した皮は煮物や焼き物に使える)。

吸盤を2~3個ずつ切り分ける。

②身を湯通しする

薄切りにした身をザルなどに入れ、沸騰したお湯にさっとくぐす。

すぐに氷水に入れ、あら熱を取る。

③吸盤を湯通しする

小さく切り分けた吸盤をザルに入れ、沸騰したお湯にくぐす。

軽く火が通り、表面が白っぽくなったら、氷水に入れて、あら熱を取る。

梅肉をみりんと砂糖に溶いたタレでいただく。

浜の漁師居酒屋 こちら丸特漁業部 本店

(TEL)022-263-0109
(住所)宮城県仙台市青葉区国分町2-10-15 ピースビル国分町B1F
(営業時間)17:00~翌5:00
(日曜・祝日)17:00~24:00
(定休日)年末年始

 
 
 
 
 
 
PR