document.write(''); [料理レシピ] タコ(ミズダコ)のやわらか煮:釣り河北
料理レシピ
釣った魚をおいしく!プロが教える至極の調理法!!

タコ(ミズダコ)のやわらか煮

更新日 2017年5月29日
完成図
完成図

濃い口でじっくり煮込み、赤茶色に色付いたタコが何とも食欲をそそる一品。フワフワとボリュームがあり、タコ特有の旨味をタップリと味わえる。足だけでなく、胴やクチバシなども一緒に煮込んで◎。

吉田料理人のワンポイントアドバイス

タコを軟らかくするために大根で叩き、その大根も一緒に煮てしまいます。蒸し器を使うと、煮汁が無くなることもなく、ゆるやかに火が通り、失敗少なく作れますよ。

【関連記事】
ミズダコの下準備
ミズダコのお刺身
ミズダコのあらい
ミズダコのチーズ焼き
 
 

材料

・ミズダコ(足、胴、クチバシ、卵など)適量
・大根 適量
・煮汁(ダシ汁6:みりん1:濃口しょう油1+砂糖レンゲ1杯程度)

①霜降りする

タコを軟らかくするため、ダイコンで足を叩き、繊維を切る。

沸騰したお湯にタコを入れる。

表面が白っぽくなるまで火を通す。

流水で冷ます。

表面の汚れ等を指で洗い流す。

②煮汁に浸す

ボールに霜降りした足、クチバシ等を入れる。

胴の身は適当な大きさに切って、ダイコンは半月切りにしてボールに加える。

煮汁に浸けて、しっかりとラップをする。

③蒸し器で煮る

沸騰した蒸し器に、そのままボールを入れて煮る。

水滴が中に入らないよう、ラップの上からアルミホイルで包む。

そのまま1時間半~2時間くらい蒸す。

蒸し上がったら、ボールを取り出す。

軟らかさを確認。

好みの大きさに切って盛り付ける。クチバシは半分に開き、中の硬い部分を取り除くと食べやすい。

浜の漁師居酒屋 こちら丸特漁業部 本店

(TEL)022-263-0109
(住所)宮城県仙台市青葉区国分町2-10-15 ピースビル国分町B1F
(営業時間)17:00~翌5:00
(日曜・祝日)17:00~24:00
(定休日)年末年始

 
 
 
 
 
 
PR