document.write(''); [料理レシピ] ホウボウの下準備・下処理方法 - まる特漁業部 - ホウボウ - 下準備:釣り河北
料理レシピ
釣った魚をおいしく!プロが教える至極の調理法!!

ホウボウの下準備・下処理方法

更新日 2017年5月29日

今回の素材は、鮮やかな朱色のボディと大きな青い胸ビレが特徴的なホウボウ。淡白な白身の魚で、料理のプロの間でもその旨さには定評がある。ホウボウは釣り上げたときに「グウグウ」と鳴くことがあるが、この鳴き声を出すウキブクロも珍味。捌くときは丁寧にウキブクロを取り出して、おいしくいただこう(今回は湯がいてからポン酢和えに調理)。

【関連記事】
ホウボウの3枚おろし
ホウボウのお造り
ホウボウの浮き袋のポン酢あえ
ホウボウのソテー 茸ソース
ホウボウの天ぷら

 
 

①ウロコを取る

包丁でウロコを取る。ホウボウのウロコは小さく、包丁で軽く取れる。

②頭を落とす

頭を落とすために、エラブタの後ろから包丁を入れる。

反対側から包丁を入れ、中骨を断つ。

③内臓を取り除く

ウキブクロを傷つけないように、内臓を丁寧にかき出し、血合いを取り除く(ホウボウの血合いは比較的簡単に取れる)。

腹の中に残った内臓のカスを洗い流し、水気を拭き取っておく。

④頭を割る

上アゴの真ん中から頭を割る。

頭頂部まで真っ2つに割る。

頭の向きを変えて完全に開き、下アゴの部分を切り離す。

頭の中に残った内臓の残りを洗い流し、軽く水気を切っておく。また、3枚におろした時に残った中骨は適当な大きさに切っておくと、頭とともにアラ煮やアラ汁などに利用できる。右端のウキブクロと卵は、今回はポン酢あえに調理。

浜の漁師居酒屋 こちら丸特漁業部 本店

(TEL)022-263-0109
(住所)宮城県仙台市青葉区国分町2-10-15 ピースビル国分町B1F
(営業時間)17:00~翌5:00
(日曜・祝日)17:00~24:00
(定休日)年末年始

 
 
 
 
 
 
PR