document.write(''); [料理レシピ] 真鯛の手巻きサラダ【石井ちか江の創作料理教室】 - その他 - マダイ - 刺身 - 石井ちか江:釣り河北
料理レシピ
釣った魚をおいしく!プロが教える至極の調理法!!

真鯛の手巻きサラダ【石井ちか江の創作料理教室】

更新日 2014年7月15日
完成図
完成図

石井ちか江の創作釣魚料理教室
~釣った魚を簡単においしく!お手軽な家庭向けレシピをご紹介!~
Vol.2「暑い夏にぴったりな真鯛の手巻きサラダ」

マダイの「のっこみ」シーズンは終わりましたが、これからは身が美味しいシーズン。ハナダイ(チダイ)も時期に入ってくるので美味しく料理したいと思います。

暑い夏の時期、みんなで集まってワイワイとバーベキューやキャンプの様に手軽で、お家でも楽しめる料理をご紹介します。

石井さんのワンポイントアドバイス

白身のお魚なら薄く切って巻く事が出来て、野菜本来の味も楽しめます。棒状に切っても良いでしょう。濃いめのタレならイナダ等もベストマッチ!

 
 

材料

・鯛(ハナダイ、ヒラメ等でも可能
・カイワレ大根
・キュウリ
・パプリカ(何色でもOK)
・ミョウガ
・大葉
・長ネギ
・レタス
・ライスペーパー
・調味料・・マヨネーズ1、醤油2、すし酢3、ワサビ、味噌、砂糖、コチュジャン
※野菜類は冷蔵庫にある物で作れます。

今回はマダイを調理します。

①ライスペーパーを戻す

ライスペーパーをお湯で戻します。

②野菜を切る

野菜を食べ易い様に千切りにします。

キュウリは薄い斜め切りにしてから‥

重ね並べて千切りにする。

パプリカも好みの大きさの千切りにします。

③マダイを卸す

マダイを3枚に卸し、皮を剥ぎ、さく取りします。
マダイの下処理の方法はコチラ
マダイの3枚おろしはコチラ

ウロコと内臓を取り、3枚におろす。

腹骨をそぎ取ります。

上身と下身に分けてサク取りします。

皮を引いておきます。

④薄切りにする

サクを薄切りにし‥

野菜と切り身をお皿に盛っておきます。

⑤タレ作り

[1]・・マヨネーズダレ・・

マヨネーズ大さじ2:ワサビ適量

[2]・・醤油タレ・・

ネギは小口切りにしておきます。

醤油大さじ2:すし酢大さじ2:ネギ適量

[3]・・韓国酢味噌・・

味噌大さじ1:砂糖大さじ1:すし酢大さじ1:コチュジャン適量

それぞれ味を見ながらお好みの量で混ぜ合わせます。

⑥巻いて食べる

マダイのお刺身をお好みの野菜と巻いていただきます。

好みの材料をレタスやライスペーパーに巻き、タレにつけていただきます!

野菜も取れてお好みで楽しめる「真鯛の手巻きサラダ」ぜひ試してみてください。

[今回のカンドコロ]

骨に残った身を「そぼろ」にしたり、骨からは出汁が取れるので取っておくと良いでしょう。

名立沖のマダイ釣行の模様はコチラ!


※写真協力/山口充
PROFILE:石井ちか江(釣魚料理研究家)

東京湾、相模湾を中心に各地を釣り歩きながら、釣った魚を素材にした料理を研究中。和洋中の枠にとらわれず、釣りで疲れた後でも簡単に作れたり、子供にも食べやすい家庭料理が得意。神奈川県横浜市在住。

 
 
 
 
 
 
PR