document.write(''); [料理レシピ] イワナのお刺身(3枚おろし) - イワナ - 刺身 - 酒膳ひろ:釣り河北
料理レシピ
釣った魚をおいしく!プロが教える至極の調理法!!

イワナのお刺身(3枚おろし)

完成図
盛り付け

養殖の岩魚(いわな)はお刺身が美味。淡いピンク色の身は意外に旨味があり、ほのかな川魚の香りも楽しめる。
※河川で釣った天然のイワナ(放流含む)は寄生虫がいる場合があるので、生食は避けてください。

親方のワンポイントアドバイス

イワナの身はやわらかいので、氷水で「あらい」にして身を締めます。氷水で洗うことで小さい汚れなども取ることができます。

 
 

①3枚におろす

※盛り付けのため頭を残したまま捌いていますが、家庭では頭を落としてしまってもOK!

あらかじめ下処理したイワナを腹側を手前に置き、胸ビレの後ろに切れ込みを入れる。

中骨に当たるまで切れ目を入れる(活き造りでなければ頭を落としてしまってもよい)

しりビレの付け根から切れ目を入れる。

しりビレから中骨の手前まで開く。

頭の後ろから包丁を入れ、包丁を中骨に当てながら開く。

尾ビレの付け根まで丁寧に開いていく。

魚を裏返し、反対側も胸ビレの後ろに切れ込みを入れる(頭を落としてしまった場合は不要)

しりビレの付け根から切れ込みを入れて、中骨まで開いておく。

頭の後ろから包丁を入れ、半身を開く。

3枚におろしたところ。

②腹骨を取る

腹骨を丁寧に削ぎ取る。

腹ビレの付け根の部分にも骨があるので、包丁の刃先で切り取っておく。

③皮を引く

皮目を下にして半身を置き、端から1、2mmくらいのところに包丁で切れ込みを入れる。

切れ込みに包丁の背を当て、端の部分を指で押さえながら皮を引く。
※包丁の刃を使うと皮が切れてしまうことがあるので、できるだけ薄い包丁の背で皮を引くのがおすすめ。

④斜め切りにする

頭から尾の方向へ身を斜めに切る。

⑤氷締めする

切った身はさっと氷水にさらして汚れを取り、身を締める。

水気をよく切り、盛り付ければ出来上がり。



【関連記事】
イワナの下準備
イワナの塩焼き
イワナのから揚げ(背開き)


酒膳 ひろ

浜育ちの親方が季節の魚料理を最高のサービスでご提供。
おいしいお魚を食べたい人におすすめ!
魚料理に合う日本酒、焼酎も多数取り揃えあり。
釣果の持ち込みもいくらかの加工料で相談可!
ホヤの季節到来!伊達いわな入荷中。夏酒もご用意してお待ちしています。

酒膳 ひろ[営業案内]

■TEL:022-721-0174
■所在地:宮城県仙台市青葉区国分町2-12-30 ニュー千鳥屋ビル2F
地下鉄勾当台公園駅徒歩1分(七十七銀行脇から国分町通りへ)
■営業時間:
(月~木)17:30~24:00
(金/土/祝前)17:30~02:00
※定休日:日曜(日曜が祝日の場合、翌日がお休みになります)
■店主:酒井博紀

(URL)https://www.facebook.com/sakai.hiro.sendai/

 
 
 
 
 
 
PR