document.write(''); [料理レシピ] 下準備 プロが教える至極の調理法 料理レシピ:釣り河北
ENJOY FISHING フィッシングライフをサポートする釣り情報サイト 河北新報オンラインニュース河北新報オンラインコミュニティー
料理レシピ
釣った魚をおいしく!プロが教える至極の調理法!!

調理方法カテゴリ別記事一覧

[その他]   [下準備]   [刺身]   [寿司]   [捌き方]   [揚げ物]   [汁物]   [焼き物]   [煮物]   [蒸し物]   [道具の手入れ]  

寒ボラのさばき方・下処理[鯔]

ボラ ボラ(鯔)は磯や防波堤などでは邪魔なエサ盗り扱いをされることも多い魚種ながら、冬場、外洋を回遊する個体は、白身に上品な...

アカムツ(のどぐろ)のさばき方[下処理]

アカムツ(喉黒) 深場の限られたポイントからしか漁獲されず、良質な脂を持った高級魚として知られるアカムツの料理レシピをご紹介...

 
 

生ワカメの湯通し方法 冷凍していつでもおいしくワカメをいただく

刺身のツマやみそ汁、サラダなど用途豊富なワカメ。1~3月は新ワカメのシーズンということで、褐色の生ワカメを湯通しして食べられるようにする手順を紹介する。 メカブと同様、ワカメが溶...

おいしい刻みメカブの作り方をプロの料理人が解説! 冷凍して丼、おつまみ、小鉢などに

メカブ めかぶというのはワカメの根の近くの部分のこと。1月から3月頃までが生メカブの旬となる。 生のメカブは褐色をしている...

サケ(シロザケ)の下準備、いくらの取り方

サケ(シロザケ) 毎年、9月から10月になると産卵のため帰ってくる白鮭(しろざけ)。メスのお腹には成熟した卵(イクラ)。捌い...

コチの3枚おろし

マゴチ コチはそれほど捌くのが難しい魚ではないが、骨が太いので、しっかりと小骨まで処理する。また、頭を落としてしまうと驚くほ...

殻付ホヤのさばき方

ホヤ 手榴弾のような形をした殻付きホヤをどうさばけばいいのか?ここでは殻付きホヤのレシピをご紹介する。 簡単に言えばそのま...

イワナの下準備・下処理方法

イワナ 深山の渓流、源流域にまで生息し、幻の魚と呼ばれることもある岩魚(いわな)。東北地方のエゾイワナ(アメマス)は比較的普...

アイナメの3枚おろし(下処理と捌き方)

東北の根魚の代表格であるアイナメ(ネウ、アブラメ)。このページでは下処理から基本の3枚おろしまでを解説します。今回は刺身、揚げ物用に腹骨、小骨を取り除くところまでの手順。揚げ物や...

ボッケ(ケムシカジカ)の下準備

ボッケ(ケムシカジカ) 宮城でボッケ、福島でサッタロウなどと呼ばれるケムシカジカ。秋から冬にかけて産卵のために接岸し、岸壁...

サンマの下準備

サンマ 秋の味覚としてスーパーなどでも手軽に手に入るサンマ。魚体が長いのでさばくのが大変そうだが、内臓を抜いて大名おろしにす...

ホウボウの下準備・下処理方法

今回の素材は、鮮やかな朱色のボディと大きな青い胸ビレが特徴的なホウボウ。淡白な白身の魚で、料理のプロの間でもその旨さには定評がある。ホ...

シイラの下準備

獰猛なフィッシュイーターで、派手なルックスと表層での激しいファイトは、オフショアではお馴染みの存在。東北では夏から秋にかけて回遊し、エ...

イワシの下準備2(頭を残す方法)

今回、「煮付け」、「塩焼き」では頭を残したまま、エラと内臓だけを取り除いた。好みにもよるが、新鮮なものであれば、内臓を残したまま煮た...

イワシの下準備1(頭を取る方法)

今回の素材は、古くから身近な大衆魚として親しまれてきた「イワシ」。代表的な種としてマイワシ、カタクチイワシ、ウルメイワシの3種が挙げら...

クロダイの下準備

フカセ釣り、前打ち釣り、ブッコミ釣りなど様々な釣法で狙われる、陸っぱりの人気ターゲット。特に5月、6月頃はノッコミで接岸する盛期。この...

タコ(ミズダコ)の下準備・下処理方法

東北各地の陸っぱり、船釣りで狙え、10kg、20kg超の巨大サイズが釣れることもある人気ターゲット。食材としても評価は高く、タコ刺し、...

サワラの下準備

魚食性が強く、釣りの対象魚としても人気のあるサワラ。岸からも釣れるが、サゴシと呼ばれる小中型が多い。型がよくなるほど脂が乗り、メーター...

オキメバルの下準備

普通、オキメバルといえば、ウスメバル、トゴットメバル、ウケグチメバルの3種を指し、東北でよく釣れるのはウスメバル。アカメバルと呼ぶこと...

ヤリイカの下準備

大衆的なスルメイカに比べると、やや高級なイメージのヤリイカ。冬から春にかけて旬とされ、冬場はパラソル級の大型の期待が高まる。スルメと違...

ナメタガレイの下準備

ナメタガレイ(標準和名ババガレイ)は滑多(ナメタ)と書かれることがある通り、ヌメリがとても多い魚。まずはヌメリをしっかり取ることから始...

ヒラメの下準備・下処理方法

ヒラメ ヒラメのウロコは小さく、包丁で皮の表面ごとウロコを取る「すき引き」にするのが料理人の間では一般的。だが、すき引きには...

マダイの下準備

活造り以外のレシピに共通する、下処理の手順を解説。頭やカマを使う場合などは別途下処理が必要になってくるので、各レシピの手順を参照してほ...

スルメイカの下準備

今回の素材は、夏から冬にかけて東北に回遊してくるスルメイカ。腑を抜いて洗うだけと、さばき方は非常にカンタン!ここで紹介するレシピはいずれも加熱調理のため、皮は付いたまま(⑥まで)でO...

アユの下準備

川と海を回遊する年魚で、河川でなわばりを持ってから、サビが入って落ちるまでの夏場が旬。特有の香りがあり、川のコケ(石垢)を食むようにな...

スズキの下準備

エサ、ルアーの両方で幅広く狙われる人気ターゲット。淡白な白身は和洋中、様々な調理法に適する。脂の乗る夏場が旬とされ、フッコ、セイゴ...

キンメダイの下準備

赤い魚の代表格ともいえる、深海釣りで人気の高級魚。脂がよく乗ったトロミのある白身は刺身、煮物、焼き物、何にしても美味。 ①...

マスの下準備

完成図 今回はサクラマス、カラフトマス、マスノスケなどといった、鱒の種類にはこだわらないレシピをご紹介。3枚おろしまでは他の...

マダラの下準備

マダラの頭を落とし、内臓を取るまでの手順。マダラの場合、キク(白子)が非常に重要なので、内臓を傷付けないように取り出し、別に取って...

ブリ下準備

ブリのエラ、ウロコ、内臓を取るまでの、各レシピに共通の手順。頭もアラ炊きやブリ大根に使えるので、胸ビレ付近の身が頭といっしょに残っ...

ドンコ下準備

ドンコ料理は、大きなキモ(肝臓)をどう活かすかが調理のポイントとなる。ここでは内臓だけを抜いて、キモと身に分けるまでの下処理を解説...

カマス下準備

カマスのウロコとエラを取るまでの下準備。ここまでは、3枚おろし、塩焼き、一夜干し、棒寿司に共通の手順です。 ①ウロコを取...

カレイの下準備・下処理方法

①マガレイを洗う 釣ったばかりの新鮮なマガレイを、頭が付いたまま、流水でザッと洗い流す。 ...

 
PR