document.write(''); [料理レシピ] まる特漁業部の美味しい調理法 料理レシピ:釣りTiki東北
料理レシピ
釣った魚をおいしく!プロが教える至極の調理法!!

執筆者カテゴリ別記事一覧

[まる特漁業部]   [ハーバーハウスかなめ]   [奈る駒]   [石井ちか江]   [酒膳ひろ]  

ワカサギの南蛮漬け

完成図 ワカサギ料理の大定番!から揚げに甘酸っぱい汁がベストマッチ。タレに漬け込む時間は好みで調整すればいいが、しっかりめに...

ワカサギのから揚げ(公魚の空揚げ)

完成図 片栗粉をまぶして揚げるだけで、カリカリサクサクのスナック系に!ここでは塩味にしたが、ニンニク醬油に漬けたりと、色々な...

 
 

ワカサギの天ぷら

完成図 ワカサギ料理の定番メニュー。フワっとした衣に包まれて、箸がどんどん進みます! 目次 ①ワカサギに衣をつける ...

ワカサギの甘露煮風

完成図 甘辛くて食べやすく、日持ちもいいので、いっぱい釣れたときなどは、ちょっと多めに作っておくのもオススメだ。 ...

ワカサギの塩焼き

完成図 クセの少ないワカサギをシンプルな塩焼きに調理した。表面がカリっとなるように焼き上げて、繊細なワカサギの香りをしっかりと...

ホウボウの天ぷら

完成図 今回は普通の切り身の他、刺身のサクを取るときに引いた皮や、腹骨を削いだ時の切れ端も一緒に天ぷらにした。特にホウボウの...

ホウボウのソテー 茸ソース

完成図 表面をしっかり焼き上げたソテーに、バターしょう油味のソースがマッチ。今回、ソースには季節感のあるキノコ類を使ったが、...

ホウボウの浮き袋のポン酢あえ

完成図 ホウボウの大きな浮き袋(鰾)は霜降りすると、コリコリとした歯ごたえの珍味になる。そのまま醬油で食べてもいいのだが、今...

ホウボウのお造り

完成図 秋から冬にかけてのホウボウは適度に脂が乗り、シンプルなお刺身が最高。淡白な白身ながら、うまみと甘みも十分にあり、高級...

ホウボウの3枚おろし

完成図 ホウボウを3枚におろす手順。おろした身はお造りとソテーに、皮や腹骨の周りは天ぷらに使用した。 目次 ①片側を...

ホウボウの下準備・下処理方法

今回の素材は、鮮やかな朱色のボディと大きな青い胸ビレが特徴的なホウボウ。淡白な白身の魚で、料理のプロの間でもその旨さには定評がある。ホ...

シイラの大根おろし蒸し

完成図 切り身に大根おろしを載せて蒸し、出汁ベースの餡に浸したお料理。出汁と大根おろしがベストにマッチ。これからの季節に体が...

シイラのあら煮

完成図 切り身にしたときに残った骨の部分も無駄にせず、甘辛く煮て頂く。骨ごとしゃぶれば、酒肴にもご飯の友にもぴったり。ここで...

シイラの空揚げキノコ餡かけ

完成図 シイラの切り身に片栗粉をまぶして揚げ、しょう油味の餡で包んだ一品。肉厚なシイラのから揚げが、やさしい餡の味で食べやす...

シイラのカマ焼き

完成図 シイラの頭のカマの部分を塩焼きにした。フライパンと油を使ったムニエルが一般的なシイラだが、ちょっと特徴のある香りを味...

シイラの3枚おろし

完成図 3枚におろして腹骨、小骨を取り除く。斜め切りにして一人前の切り身にすれば、焼き物、煮物、揚げ物と何にでも使うことがで...

シイラの下準備

獰猛なフィッシュイーターで、派手なルックスと表層での激しいファイトは、オフショアではお馴染みの存在。東北では夏から秋にかけて回遊し、エ...

イワシの梅しそ巻き[鰯の巻揚げと骨揚げ]

完成図 こちらも定番、イワシの天ぷら。簡単に手開きにして揚げるだけでも十分においしいイワシを、ひと手間加えて、梅としそを挟ん...

イワシの万年煮[鰯の煮付け]

完成図 たっぷりの煮汁でじっくりと煮込むことで、骨まで食べられるほど軟らかくなり、時間を置いてもおいしく食べられる。今回のよ...

イワシの塩焼き

完成図 塩を振って焼くだけとシンプルなレシピながら、イワシのうまさがよく分かる一品。何ともいえないイワシ独特の香りが食欲をそ...

イワシのたたき(鰯の叩き)

完成図 刺身より細かめに切って、ネギやショウガとあえた料理。薬味が効いて、お酒やご飯が自然とすすむ。お造りのように丁寧に捌か...

イワシの刺身

完成図 柵を包丁でスッと引き切り、引き造りにする。軟らかいイワシの身が崩れにくく、また薄く切ることでイワシの小骨を切って食べ...

イワシの大名おろし

完成図 刺身用やタタキ用に3枚におろす手順。イワシは大名おろしで手早くさばく。慣れると短時間でできるが、身が軟らかいのでボロ...

イワシの下準備2(鰯の頭を残す方法)

今回、「煮付け」、「塩焼き」では頭を残したまま、エラと内臓だけを取り除いた。好みにもよるが、新鮮なものであれば、内臓を残したまま煮た...

イワシの下準備1(鰯の頭を取る方法)

今回の素材は、古くから身近な大衆魚として親しまれてきた「イワシ」。代表的な種としてマイワシ、カタクチイワシ、ウルメイワシの3種が挙げら...

クロダイの子の花煮

完成図 タイに卵(タイ仔)が入っていたら薄味で煮付けてみよう。卵を裏返して煮ると、フワッと花が咲いたような仕上がりになる。卵...

クロダイの兜煮

完成図 クロダイの頭から出た濃厚なうま味をタレに凝縮。ホホ肉やカマの部分など結構身もあって、ホクホクの身をタレに絡ませながら...

クロダイの潮汁

完成図 中骨や腹骨の身など、クロダイのアラの部分は潮汁にすると美味。少量の塩と酒だけの簡単な味付けながら、骨と皮の周りから適...

クロダイの緑酢仕立て

完成図 皮付きのクロダイのサクを湯霜にして松皮造りにし、タップリの緑酢と和えた一品。緑酢とは、すり下ろしたキュウリに酢を合わ...

クロダイのお刺身

完成図 新鮮なクロダイはシンプルなお刺身でいただきたい。皮目のあとが美しいので、やや厚めに切ってきれいに盛り付けていただこう...

クロダイの3枚おろし

完成図 捌き方はマダイの場合とほとんど同様。兜煮やアラ汁用に頭を割るときは、手が滑らないように軍手をはめるといい。 ...

クロダイの下準備

フカセ釣り、前打ち釣り、ブッコミ釣りなど様々な釣法で狙われる、陸っぱりの人気ターゲット。特に5月、6月頃はノッコミで接岸する盛期。この...

ミズダコのチーズ焼き

完成図 タコのうまさは、トマトソースやチーズとの相性もピタリ!エキスのしみ出たスープまで美味しくいただける。 目次 ...

タコのやわらか煮(ミズダコ)

完成図 濃い口でじっくり煮込み、赤茶色に色付いたタコが何とも食欲をそそる一品。フワフワとボリュームがあり、タコ特有の旨味をタ...

タコのあらい(ミズダコ)

完成図 さっと湯通しすることで、刺身とはまた異なるコリコリと適度な歯ごたえが生まれ、ぐっと食べやすくなる。生では硬すぎた吸盤...

タコ(ミズダコ)のお刺身

完成図 透き通るように白く、舌ざわりもなめらかな刺身は、ミズダコ料理の大定番。活ダコならではのプリプリ感と旨味を味わえる。 ...

タコの下準備・下処理方法(ミズダコ)

東北各地の陸っぱり、船釣りで狙え、10kg、20kg超の巨大サイズが釣れることもある人気ターゲット。食材としても評価は高く、タコ刺し、...

サワラの煮おろし

完成図 切り身に片栗粉をまぶして揚げ、ダシ汁と大根おろしに合わせる。合わせるだけなら揚げダシだが、軽く煮ることでより深く味が...

サワラの味噌漬け焼き

完成図 味噌漬けは、サワラ料理の大定番。西京味噌で作れば西京漬けになるのだが、ここでは仙台味噌をみりんで伸ばして作った。脂の...

サワラの炙り刺し

完成図 新鮮なうちは、生でいただくのがおすすめ。普通に皮を引いて刺身にしても十分においしいのだが、ここでは皮目を炙って炙り刺...

サワラのたたき

完成図 サワラの皮目だけを炙り、玉ネギなどと一緒にポン酢でいただく。シャキシャキとした野菜との相性がよく、炙り刺しと一緒に作...

サワラの3枚おろし

完成図 サワラの身は軟らかく、身崩れを極力防ぐため、まな板に乗せた魚体をできる限り動かさないように捌く。また、魚体が細長いた...

サワラの下準備

魚食性が強く、釣りの対象魚としても人気のあるサワラ。岸からも釣れるが、サゴシと呼ばれる小中型が多い。型がよくなるほど脂が乗り、メーター...

オキメバルの煮付け[沖メバルの照り煮]

完成図 オキメバル料理の大定番。ここでは皮目の食感を残すため、瞬間的に炊く方法をご紹介。旨味が汁に出てしまわないように短時間...

オキメバルの木の芽揚げ

完成図 木の芽を衣にまぶした天ぷらは、サクサクの衣とともに、春らしい香りと苦みがお口に広がる。筒状に丸まって、食べやすいのも...

オキメバルの焼き霜サラダ風

完成図 新鮮なオキメバルであれば、刺身にしてもおいしく食べられる。ここでは、皮目を炙って焼き霜に仕上げ、旬の山菜とともにサラ...

オキメバルの3枚おろし[沖メバルのさばき方]

完成図 天ぷら、焼き霜にする場合、頭と内臓を下処理した後、3枚におろす。他のカサゴ類同様、骨が太くて大きいので、小骨は骨抜き...

オキメバルの下準備[沖メバルの下処理方法]

普通、オキメバルといえば、ウスメバル、トゴットメバル、ウケグチメバルの3種を指し、東北でよく釣れるのはウスメバル。アカメバルと呼ぶこと...

子持ちナメタの揚げダシ

完成図 身で卵を包んでふんわり揚げて、しっかりダシをしみ込ませた一品。ホクホクして軟らかいカレイの身と一緒に卵も味わえ、お腹...

ナメタガレイのかぶら蒸し 銀餡仕立て

完成図 「かぶら蒸し」は、すりおろしたカブと一緒に魚や野菜などの具材を蒸した料理法。ナメタガレイのトロトロの皮までおいしく頂...

ヒラメ刺の納豆和え

完成図 マグロ納豆などがあるように、魚の刺身と納豆は相性バツグン!ささっと簡単に作れて、ごはんに乗せても酒の肴にしても最高の...

ヒラメの揚げダシ風

完成図 ホクホクに揚げた身をトロリとした大根おろしあんでやさしく包んだ一品。薄めに味付けした温かいおろしあんが、ヒラメの上品...

ヒラメのソテー・マヨソース仕立て

完成図 白身魚の定番レシピ。ほんのりバター風味のソテーに、パンチのあるマヨネーズソースがピッタリ。マヨラー絶賛!カリカリにな...

ヒラメの5枚おろし

完成図 独特な平たい体をしたヒラメを調理するには、5枚おろしの習得がマスト。刺身や握りで人気のエンガワを綺麗に取るためにも、...

ヒラメの下準備・下処理方法

ヒラメ ヒラメのウロコは小さく、包丁で皮の表面ごとウロコを取る「すき引き」にするのが料理人の間では一般的。だが、すき引きには...

マダイのカルパチョ風サラダ

完成図 湯霜にした皮を残した松皮造りを応用した「お刺身サラダ」。脂の乗った皮目がウマいのだ。 児...

真鯛のあっさり蒸し物

完成図 あっさりうす味に蒸すことで、マダイそのものの旨さが分かるレシピ。レンジでチンするだけと、非常にお手軽なのもウレシイと...

真鯛のあら炊き[マダイレシピ]

完成図 目の周りやカマのおいしい身をふっくら炊いた一品。しっかり下処理をしているので、臭みもほとんど感じられない。アラの下処...

真鯛の3枚おろし[マダイのさばき方]

完成図 下処理が済んだ真鯛を3枚におろす。ここまでできればほとんどのレシピに応用できるが、小骨を残しているので、刺身などにす...

真鯛の下準備[マダイの下ごしらえ]

活造り以外の真鯛レシピに共通する、下処理の手順を解説。頭やカマを使う場合などは別途下処理が必要になってくるので、各レシピの手順を参照し...

スルメイカの肝のルイベ

完成図 イカの肝を冷蔵庫で味噌漬けにして凍らせたもの。冷凍の食感と少し融けてきたところのトロみが絶妙で、濃厚な味が酒肴にもご...

スルメイカのゴロ焼き

完成図 イカのゴロ(肝)と味噌を合わせた濃厚な味付けが特徴のゴロ焼き。丸ごとイカの中に味噌を詰めたり、イカの表面に味噌を塗っ...

スルメイカの和風サラダ

完成図 さっと湯通ししたイカに好みの生野菜を加え、オリジナル和風ドレッシングで和えたサラダ。めんつゆベースの和風ドレッシング...

スルメイカの下準備

今回の素材は、夏から冬にかけて東北に回遊してくるスルメイカ。腑を抜いて洗うだけと、さばき方は非常にカンタン!ここで紹介するレシピはいずれも加熱調理のため、皮は付いたまま(⑥まで)でO...

アユの棒寿司

完成図 巻き寿司というと酢締めが一般的だが、ここでは煮アユの巻き寿司をご紹介。作ったすぐに食べてもいいが、ひと晩くらい置いて...

アユの煮付け

完成図 アユを1尾丸ごと煮付けた一品。甘露煮とは異なり、薄い味付けで短時間で煮る。比較的手軽にアユそのものの旨味を楽しめるの...

アユの塩焼き

完成図 アユそのものの美味さを知るために、大定番の塩焼きは外せない。内臓はそのままで、美しい形を崩さないように丁寧に焼き上げ...

アユの3枚おろし

完成図 巻き寿司などにするために、3枚おろしにする方法。骨が軟らかいので、身が崩れないように注意して、大名おろしでさばく。 ...

アユの下準備

川と海を回遊する年魚で、河川でなわばりを持ってから、サビが入って落ちるまでの夏場が旬。特有の香りがあり、川のコケ(石垢)を食むようにな...

スズキの蓼味噌焼き

完成図 香りの強い蓼(タデ)を使い、夏っぽく仕上げた味噌焼き。味噌は必ず西京味噌(白味噌)を使い、素材の魅力を引き出すように...

スズキの揚げだし

完成図 衣にダシをしみ込ませた、定番の一品。素材の味を活かすため、ダシはあまり濃くしないのがポイントだ。 ...

スズキのカルパッチョ風サラダ

完成図 生野菜の上に刺身を盛りつけ、ドレッシングをかけた、和風のカルパッチョといった感じのサラダ。タタキのように表面だけ加熱...

スズキの3枚おろし

完成図 紹介したレシピに共通する、3枚におろすまでの手順。頭をカマ下で落とすとカマに身が残ってしまうので、頭の部分はアラ汁な...

スズキの下準備

エサ、ルアーの両方で幅広く狙われる人気ターゲット。淡白な白身は和洋中、様々な調理法に適する。脂の乗る夏場が旬とされ、フッコ、セイゴ...

キンメダイの兜煮

完成図 釣り人の多くがご存じの通り、魚の頭のアラは非常に美味しい部分。特にキンメダイは目の周りのトロミが極上で、皮下の身も旨...

キンメダイの山菜包み揚げ

完成図 細長く切った身で季節の山菜などを巻いて揚げた一品。衣で包むことでほくほくした白身を活かすとともに、シャキっとした山菜...

キンメダイの皮霜造り

完成図 赤い皮目を生かして、見た目に美しく仕上げた。皮の部分には脂が乗り、甘み、旨味に身の弾力も加わって非常に美味。 ...

キンメダイの3枚おろし

完成図 基本の3枚おろし。手順は他の魚とほとんど変わらない。 ①片側の身を切り離す ...

キンメダイの下準備

赤い魚の代表格ともいえる、深海釣りで人気の高級魚。脂がよく乗ったトロミのある白身は刺身、煮物、焼き物、何にしても美味。 ①...

マスのちゃんちゃん風 菜種焼き

完成図 菜種(なたね)焼きとは、ふんわり焼いた玉子を使って春の風物詩である菜の花を表現した焼き物のこと。実際に菜の花(アブラ...

マスの手綱寿司

完成図 マスの切り身を斜めに並べ、手綱模様に仕上げた巻き寿司。マスの押し寿司が有名なように、酢との相性は抜群!なお、今回の撮...

マスのあら揚げ

完成図 頭や中骨は下味と絡めてから揚げにした。腹骨の周りや切り身の切れ端など、残った身も一緒に揚げれば、ムダなく食べられる。...

マスの下準備

完成図 今回はサクラマス、カラフトマス、マスノスケなどといった、鱒の種類にはこだわらないレシピをご紹介。3枚おろしまでは他の...

マダラのキク包み揚げ(タラの白子のフライ)

完成図 クリーミーなタラキクをタラの身で包んでカラっと揚げた創作フライ。今回はタルタルソースを使ったが、ソースやポン酢との相...

タラキク(タラの白子)の柚庵風つけ焼き

完成図 柚子風味のしょう油ダレにつけて焼いた一品。有名な柚庵(幽庵)焼きのようにしっかりタレに浸け込むのではなく、表面にタレ...

マダラの昆布締め[鱈(タラ)のお刺身]

完成図 タラ料理の大定番。昆布に挟んで少し置くことで、淡白でやや水気の多いタラの身を引き締め、旨味と風味も加わる。昆布につけ...

タラキク(タラの白子)の下処理[鱈菊]

完成図 タラの白子は菊の花に形が似ているため、東北の太平洋側ではタラキクと呼ぶことが多い。内臓の臭みが移るとせっかくのキクが...

マダラの3枚おろし[鱈(タラ)のさばき方]

完成図 3枚おろしにしてから、サクを取るまでの基本手順。巨大なタラは、レシピに合わせてサクの部位を使い分ける。 目次 ...

マダラの下準備[鱈(タラ)の下処理]

マダラの頭を落とし、内臓を取るまでの手順。マダラの場合、キク(白子)が非常に重要なので、内臓を傷付けないように取り出し、別に取って...

肝味噌ドンコ汁~冬に美味いどんこ鍋~

完成図 ドンコ料理の定番。元々はぶつ切りにしたドンコを鍋にぶち込み、味噌で味をつけるだけの漁師料理だが、ここで紹介するのはキ...

カマスの炙り棒寿司

完成図 新鮮なカマスは刺身や酢締めにしても美味。ここでは、少し手間をかけて、塩と酢で締めた後、軽く炙って棒寿司にしてみた。 ...

カマスの一夜干し(開き)

完成図 カマスは一夜干しにすることで、塩焼きとはまた違った味わいを楽しめる。カマスを開くときは、アジなどのように全体を開くの...

カマスの塩焼き

完成図 カマスといったらやっぱり焼き物、ということで、姿を残したまま綺麗な塩焼きにする方法を教えてもらった。腹を開かずに魚の...

カマスの3枚おろし

完成図 寿司や刺身などにするために、半身を取る方法を解説。細身の魚なので大名おろしでも捌けるのだが、今回は背面腹面の両側から...

カマス下準備

カマスのウロコとエラを取るまでの下準備。ここまでは、3枚おろし、塩焼き、一夜干し、棒寿司に共通の手順です。 ①ウロコを取...

真鯛の活造り[マダイのお造りのレシピ]

完成図 こんな記事も読まれています 真鯛の下準備 マダイの3枚おろし(活造り)のおろし方 ※...

 
PR