document.write(''); [釣行記]ジグエサ&テンヤで満喫 青森マダイ | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

ジグエサ&テンヤで満喫 青森マダイ

千葉宏一 2010年9月 5日配信   【青森】

青森のマダイ(&チダイ)釣りをレポート。8月28日と29日の2日間にわたり、青森西海岸と 陸奥湾の2か所をハシゴし、1日目は小泊沖でジグエサ、2日目は平舘沖で一つテンヤ(&ブラーイソメ)を楽しんだ。

 
 
 

メタルジグ&アオイソメのジグエサ釣法が小泊沖のスタンダード

1日目の釣り場となった十三湖前のポイント。上写真奥に見えるのが小泊岬(権現崎)。マダイとチダイの魚影がとても濃い海域だ

青森県の西海岸から陸奥湾にかけての海域は、東北でも指折りのマダイ釣り場。解説の千葉宏一さんは、8月28日、29日の2日間に亘って、自宅のある岩手県一関市から青森県に小遠征。1日目は西海岸の小泊沖、2日目は陸奥湾の平舘沖で竿を出した。

1日目は下前漁港からマイボートで出船し、小泊岬のちょっと南、十三湖前のポイントを中心に攻めた。水深は50~70m。一帯は潮流が非常に速く、タイが釣れるタイミングは潮の動きと大きく関係する。潮の効き始めや潮流が変わったときに食いが集中し、潮の流れが速すぎるととても釣りにならなくなるというのがここの特徴。

タックルは、ライトジギング用のベイトとスピニング2本を用意。中潮で、かなり潮流が速かったため、90~100gのメタルジグを選択。メタルジグにアオイソメを房掛けにした、いわゆるジグエサ釣法中心で狙った。「今の季節はイワシがメインベイトになっているので、鯛カブラなどには、あまり反応がよくありません。イワシやエビをイメージして、ジグを潮に踊らせて誘うのが一番効果的です。アオイソメを付けた方が安定して釣れますが、アオイソメ無しでも釣れてますよ」

タイはベイトの居ないポイントだと全く反応しないので、魚探にベイトらしき影が映ったら、タイミングよく誘いをかける。誘いの方法は、底から中層にかけて、フォール、誘い上げ、リフト&フォールなど色々なパターンを試すのが◎。かなり上層まで浮くので、ベイトのいるレンジを中心に、20mくらいの高低幅を攻めると効果的だ。

十三湖~竜飛にかけての小泊周辺沖は潮が速いことでも有名な海域。この日は中潮で相当潮が流れたので、メタルジグは90gのライテン(シャウト!)を使用。ブルーピンクの反応がよかった
 
 
PR