document.write(''); [釣行記]波静かな歌津でヒラメスキルUP! | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

波静かな歌津でヒラメスキルUP!

伊藤育男 2010年9月13日配信   【宮城】

南三陸の歌津崎周辺はヒラメの宝庫として知られ、砂地、岩場、etc...、変化のある地形で釣り人を楽しませてくれる。特に、アタリをじっくり見極められる波静かな日は、ヒラメ入門者の練習に最適のフィールドになる。

 
 
 

小学3年生が自身2度目のヒラメ釣りに挑戦!

左)出船直後、まずは港近くのイケスでエサのカタクチイワシを確保。右)7時過ぎに出た船中1枚目のヒラメ。初っぱなから55cm前後の好サイズだった

東北各地で、船のヒラメ釣りがシーズン本番を迎えた。今季は例年以上に好調に釣れている地域が多いが、歌津もその例にもれず、条件に恵まれさえすれば1人8~9枚のペースでよく釣れている。

解説の伊藤育男さんは、9月4日、息子の未来哉くんとともに歌津へ釣行。小学3年生の未来哉くんは、カレイの船釣りは数回経験しているが、船のヒラメ釣りはこれが2回目。1回やったことがあるとはいってもそこはまだ小3。イワシのエサ付けやロッド操作などは、(実際に釣行するまで)完全ビギナーレベルだったそうだ。

釣行日は幸運なことに、かなりの好天に恵まれた。潮は少し速めだったが、ウネリはほとんど無い状況。ヒラメ釣りで重要なのは、底の変化に合わせて仕掛け(オモリ)を操作することと、ヒラメのアタリにいかにアワせるかという2点。波静かなときの三陸の湾内は、ヒラメのアタリをじっくり見極めることができるので、初心者がアタリを取る練習をするにはぴったりの環境といえる。

小学3年の未来哉くんは、ヒラメ釣りは2回目の挑戦。最初のうちは、エサ付けなど多くの作業を父の育男さんに手伝ってもらったが、8時前には見事45cmをキャッチ
 
 
PR