document.write(''); [釣行記]野ゴイと知恵くらべ【高橋妹の釣絵日記】 | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

野ゴイと知恵くらべ【高橋妹の釣絵日記】

高橋久美子 2011年7月21日配信   【岩手】

高橋兄妹の釣行記第2弾!今回は、「のんびりした釣りがしたい」という久美子さんの希望により、兄一久さんが大の得意としている野ゴイ釣りに挑戦。確かにノンビリはしてるかもしれないけど、釣女的にはちょっとマニアックな釣種のような...。

 
 
 

鯉のブッコミ釣りで高原バカンスもできる!

今回はワカサギ釣りで有名な、藪川の岩洞湖に行ってまいりました。夏の岩洞湖で何が釣れるのかと思ったら、なんとコイ釣りと言うではありませんか!コイって公園の池にいて、人が近づくと口パク大合唱する、あの頭の悪そうな魚ですよね?糸とハリだけで釣れそうだしあまり乗り気がしなかった私ですが、釣り河北の編集さんからも「アメリカではカープフィッシングは人気ありますよ」とお誘いが。カートショッピング(通販)なら好きですけどね...。うーん、そこまで言われたら行くしかないか。

当日は朝方4時に出発し、実家から岩洞湖へは1時間ほどで到着。白樺が並ぶここは半袖では寒すぎる程気温が低く、背に腹は代えられず兄の汗臭い雨合羽を借りました。

ひんやり涼しい高原の朝

絶えず湖面から魚が跳ねる音が聞こえ、日が昇り始めた湖面はキラキラ、白樺の木は新緑の葉を茂らせています。前回の釣りとは違い、竿を振ったら兄手製のヒット報知器が鳴るまで放置です。ゆったり読書や昼寝だって出来ます。あ~、いいね、いいね、なんだか贅沢だわ。

一久さんお手製のアタリ報知機。防犯ブザーを改造した自作アイテムだとか

ところが、誤算がありました。まず空気が澄んでいるせいか、日差しが刺さるように痛い!! 危険を感じた私は車からビーチパラソルを地表近くに設置し、潜るように出入りしました。その他にも問題が1つ。見たこともない凶暴な蟻がウヨウヨしているのです(兄ブログ参照)。前日サンダルで下見に来た兄は蟻に噛まれて膝下全体が赤い水玉模様になっています。結果今回は釣り竿よりも蟻の動向に目を光らせることになりました。

 
 
PR