document.write(''); [釣行記]豪華ゲストも嬉しい 仙台湾アジビシ好季! | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

豪華ゲストも嬉しい 仙台湾アジビシ好季!

丹野正文 2011年8月18日配信   【宮城】

仙台湾のアジビシ(ビシアジ)五目は6月頃から始まり、7月上旬からずっと好調をキープしている。今年は良型のイワシも多く、定番ゲストのヒラメもモチロン健在!釣って楽しく、食べておいしいアジビシ釣りに行ってみませんか?

 
 
 

関東で人気のアジビシを仙台湾で楽しむ

アジは7月初旬からずっと好調。この日も序盤からダブルで上がってきた。これからはサバなど他魚も多くなるので、サバをかわしながらアジを釣るための、ちょっとした工夫が必要になる

「仙台湾のアジビシは、第一海友丸の瀬戸さんと一緒に10年以上前から狙っています。メバル漁のときにアジが入るから、コレを何とか釣り物にできないかってところから始まって、それなら関東で人気のアジビシをやってみたらどうかと。もちろん最初の数年は正式な釣り物にはできなくて、時期も秋の9月、10月だけ。そこからだんだん広げていって、今では6月から12月上旬頃まで狙えるようになりました」と話すのは、菊田釣センター仙台店店長の丹野正文さん。

仙台湾のアジのポイントはメバルのポイントとほぼ一致しているため、メバルなどの底物もよく混じるのが、仙台湾ならでは。夏から秋には大型のサバが多くなり、今年はどういうわけか良型のマイワシとウルメイワシも数釣れている。そして、コマセに寄った小アジを狙ってヒラメや大型青物などの豪華ゲストがヒットすることがあるのも、この釣りの楽しみの一つ。

釣れてくるアジのサイズは25~40cm超までで、良型が多い。中には45cm近いものも混じった
 
 
PR