document.write(''); [釣行記]階上沖マスナタ釣法のヒラメ 好釣継続中! ページ2 | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

階上沖マスナタ釣法のヒラメ 好釣継続中!

坂下利助 2011年10月 7日配信   【青森】

イワシをただ泳がせただけでは釣れません!

階上のマスナタ釣法には、タコベイトを付けた2段仕掛けを使う方法と冷凍イワシをエサに1段仕掛けを使う方法とがあるのだが(詳細は昨年の企画で解説)、主流は冷凍イワシを使った釣り方。ということで、ここでは冷凍イワシの1段仕掛けで狙う方法を中心に解説してもらった。

「マスナタを使って冷凍イワシを泳がせるんですが、基本的には活きエサのヒラメ釣りと一緒の感覚だと思ってください。せっかくヒラメが食っても、早アワセでバラしてしまうというのはよくあることです。特に食いが悪いときほど、小さいアタリをしっかり取ることが大事ですね。このアタリが分かるかどうかが、1枚目を釣るためのポイントになります」と坂下さん。アタリを取るために竿を止めて「聞き」を入れるのも一つの方法だ。

そして、ヒラメが食いついてきたときに、高活性であれば一発でガツンと食い込むこともあるのだが、普通はアタリがあってから食わせるための間が必要。活きエサであれば、そのまま竿を止めて食い込むのを待つわけだが、マスナタの場合は、泳いでいるナタが沈まないように惰性で泳がせつつ、ヒラメが自然に追い食いできるように操作する。竿操作はその時々で異なるのだが、竿を上げた状態で保つのが基本だ。

こちらが階上式のマスナタ(ヒラメナタ)。通常、製造販売されているのはナタだけで、自分で穴を空けてカスタマイズする。さかした釣具店では坂下さんが穴空け調整したものも販売しており、初中級者にはそれがオススメ
上がバケ仕掛けで、下が冷凍イワシ用のタコキャップ仕掛け。両者の違いはコチラで解説しているが、今は下の仕掛けのみをナタの後ろに付けて、冷凍エサで狙うのが主流。とてもシンプルな仕様だが、ハリスの材質や長さが釣果に直結する

取っつきにくい分、ハマる要素も多いのだ

マスナタを泳がせるための竿の振りも、毎回同じことをしていたのでは通用しないという。「潮や活性によるものと思いますが、昨日、今日で釣れる誘い方が全く違ったりするんですよ。上手な人だと、最初の1枚を釣ったときにその日の感覚をつかんでしまい、それを1日続けて数を伸ばします」。冷凍イワシを使う場合は、大きくシャクらずに、エサをしっかりアピールさせることが重要。竿をタテに振ってマスナタを動かすだけでなく、竿を横にスライドさせてわざと横走りさせてみるなど、慣れてくると色々な組み合わせが可能になる。ナタに空ける穴の位置など、チューンによっても動きが全然違うので、お気に入りのナタの使い分けもこの釣りの面白いところでもある。

「あと、大切なのが竿の選択ですね。長さが2.1mくらいで、胴が強くトップが軟らかいアジビシ用の竿などがシャクりやすいです。長い竿ほどナタはよく泳ぐのですが、負荷が大きすぎてとても体がもちません。以前、合わない竿でやっているのを見かねてレンタル用の竿を貸したんですが、たちまちアタリが取れるようになったことがありました。貸し竿は無料ですので、最初はそれで練習してもらうようにおすすめしています」

ここまで大まかなところを解説してもらったが、様々なテクニックが関わってくる釣りだけに、ゼロから始めるのは難しいのでは?「たしかに船の中でもかなり釣果に差がつきます。最初はナタを泳がせるだけで精一杯で、なかなかアタリが取れないのですが、めげないで2回、3回と挑戦してほしいですね。慣れれば確実にアタリが取れるようになりますし、分かってくると本当に奥が深くて面白い釣りなんですよ」

ここ数年は、「こんなもので本当にヒラメが釣れるの?」という疑念を抱きながら他県からやって来て、ハマっていく人も多いそうだ。1回目がだめで、悔しくてリベンジをかけた2回目に釣り、そのまま通う人も。これからもどんどん挑戦してほしいところだが、遊漁船の隻数が減っているため、1週間前までに予定が埋まってしまうこともある。予約はお早目に。

竿の操作は、水面から肩くらいまでの高さまで竿を振るのが基本。大きく速く振ることより、しっかりとイワシを泳がせることを意識する。また、上の写真のように竿に支点を設けて、テコの原理を利用して竿を振る方法も、疲れにくくておすすめだ
この方は2回目の挑戦にして15枚以上の釣果を達成。初めての挑戦は0枚に終わったそうだが、コツさえつかめばしっかり釣れてくれるのもマスナタの魅力だ
定番外道のアブラメ(アイナメ)。階上沖は根魚の宝庫でもあり、ヒラメの後はアイナメ、メバル狙いが本格化する
さかした釣具店の店内にはチューンナップされたマスナタがズラリ。しっかり泳ぐ穴の位置、角度は大体決まっていて、初心者でも釣れるよう坂下さんが調整している(サイズは350号と400号)。また、ポイントによっては根掛かりも多いため、決して安くは無いマスナタをロストしないように道糸はPE6~8号の太めを用意したい

大きな地図で見る
【アクセス】
さかした釣具店の店舗は遊漁船の出船港である階上・追越漁港のすぐ上。八戸道の南郷ICから約20分。初めての場合は八戸IC、八戸市街方面から海岸線を南下する方が分かりやすい
さかした釣具店(TEL:0178-89-2252)

ケータイ ケータイ版釣り河北なら、外出先でもどこからでも最新釣果を確認できます。
天気や潮汐、日の出時刻もこれ一つでOK!
携帯版でも釣行記、料理レシピが見られます!

PROFILE:坂下利助

青森県階上町のさかした釣具店店主であり、第三浩丸の船長。船長として海に出ながら、釣法、仕掛けを研究しているので、当地の釣りのことは熟知している。坂下さんのオリジナル商品の詳細はHP


取材・解説/坂下利助
取材協力/さかした釣具店・第三浩丸(TEL:0178-89-2252)
 
 
PR