document.write(''); [釣行記]宮古沖 ジギングで良型タラ好釣中! | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

宮古沖 ジギングで良型タラ好釣中!

大坂 章 2012年2月17日配信   【岩手】

先日の大船渡沖に続き、宮古沖のタラジギングをリポート。今季初出船ながら、船中28本を釣る順調な滑り出し。話題のスロージギングもタラによく合っているようで、今シーズンは本格的に流行りそうですよ!

 
 
 

岩手沿岸各地でタラジギングがスタート!

ここ数年岩手県沿岸の春の釣り物として定着してきたタラのジギング「タラジグ」。1〜2月にかけて産卵を終えたタラが、浅場(水深100m未満)で体力を回復するために、その名の通りたらふくエサを食べる2〜4月が、ジグでタラを釣るチャンス。昨年はそのシーズン真っ最中の3月に起きた震災の影響で出来ませんでしたが、今シーズンは釣り船も営業を再開している所が多く、各地でスタートし始めました。

閉伊崎と朝日

2月15日、宮古の釣り船・ゆたか丸の今年初のタラジギング船に行ってきました。2、3日前から宮古の周りの釣り船や大船渡の釣り船でもちょうどタラが釣れ始めたタイミングだったので期待が高まります。朝6時15分に出船、右手に日の出を眺めながら宮古湾を出て少し北上し、ポイントへ到着。

水深は70〜80mです。180gのジグをセットして釣り開始、周りでタラがポツポツ上がり、そうしているうちにフォールでのアタリがありフッキングに成功!上がってきたのはソイでした。でも大きいソイなので良しとしましょう。昨シーズンから本格的に勉強中の「スロージギング」のジグとタックルを使っての釣りなので、少しアクションがぎこちないのですが、何とかタラのアタリを取りフッキング出来る様になりました。

ファルコンZスロージグ(ブルーニングハーツ)180gにヒットした良型ソイとマダラ
 
 
PR