document.write(''); [釣行記]まだまだイケる!大船渡沖タラジギング[岩手崎浜沖のルアー真鱈] | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

まだまだイケる!大船渡沖タラジギング[岩手崎浜沖のルアー真鱈]

千葉宏一 更新日 2017年2月17日   【岩手】

今季、好調が続いている岩手のタラジギング。そろそろカレイのシーズンだが、依然としてタラの食いはよく、4月一杯くらいは浅場のライトな釣りを堪能できる。イサダパターンを攻略して好釣を目指せ!

 
 
 

浅場のタラジギングはそろそろ終盤戦

釣り場は崎浜漁港を出てちょっとの越喜来湾口付近。4月の中頃までは水深70~100mの浅場で狙える

今シーズン、釣行記でも何度かお届けしてきた三陸のタラジギングが、そろそろラストスパートに差し掛かった。「タラのノッコミが終わって、産卵後の荒食いも落ち着いてきた感じです。型もアベレージこそ少し小さめになってきましたが、魚の反応は十分濃いので、釣り方次第でまだまだ十分に楽しめますよ」とは、2月12日にも三陸タラジギングをリポートしてくれた千葉宏一さんの談。

千葉さんは3月に入ってからも足しげく通っていて、18日と20日は崎浜漁港出船の喜多丸から中1日の連続釣行。釣り場となる越喜来湾周辺の沖合はタラの重要な産卵場所になっていて、ノッコミに集まる魚影も抜群。産卵が終われば魚は徐々に散り始めるが、4月一杯くらいは浅場でタラジギングを楽しむことができる。

ここ最近の釣果だが、2~3kgのポンタラ級かそれよりちょっと大きいサイズが多いものの、安定して数が釣れている。もちろん小型ばかりでなく、大型も混じる。これまで産卵後の体力回復のために小魚やタコなどを荒食いしていたものが、3月に入った頃からイサダの群れを追う状況に変化しており、現在はベイトの変化への対応が結構大切になる。

千葉さんが3月4日に釣り上げた、100cmオーバーの大型。通常、大きいもので7~9kg、そこに10~12kgオーバーの超大型が混じる
3月18日と3月20日は、中1日のヘビーローテーションで越喜来沖に釣行
 
 
PR