document.write(''); [釣行記]根周り五目でアイナメの首振り堪能! | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

根周り五目でアイナメの首振り堪能!

菅野 順也 更新日 2012年5月 8日   【宮城】

天然の根が豊富な宮城県亘理沖。アイナメをメインにカレイ類も混じる、根周り五目船が好調に出船している。嬉しいゲストも豊富で、根に着く魚はどれも大型の高級魚ばかり。強いアタリと激しい引きで手応えも抜群だ!

 
 
 

各種専門船とリレー船とがある

昨年の12月から亘理沖で安定して釣れ続いたのがクロメバル。25cmクラスの型物が100匹超えの釣果も度々あった。陽が昇り、食いが落ちる後半にはアイナメ五目釣りを数時間行う、リレー形式のスタイルだが、こちらも今シーズン絶好調。リレー船の他、お客さんからの要望に応じて、専門狙いのプランでも出船している。

取材当日はクロメバルからアイナメ五目へのリレーでの出船になった。今回の釣行記では、これから主体になる後半の根周り五目に的を絞ってお伝えしたい。

午前5時半、気温8℃。早朝の寒さもだいぶ和らいだ港から出船(思えば今年の冬は凍える出船が多かった。それでも皆さん熱心に通っていたな...)。クロメバル釣りは予定通り10時に終了。長くて軟らかいメバル用の竿から、小突きの誘いができるタックルにチェンジ。竿とリールは大型魚礁周辺のカレイ釣りの物をそのまま使える。

亘理・荒浜漁港のきくしん丸に乗船。天然の根周りで五目釣りを楽しんだ
道具立てはカレイ釣りと同じものでOK。菅野さんのロッドは、がま船 カレイ競技SPECIALⅡ(がまかつ)の165MH。菅野さんは感度重視で1.65mモデルを使っているが、竿が短い分、底取りは忙しくなる。外洋性のウネリをかわして、ゆったりと釣りたい場合は、好みで1.8 mの180MHを選ぶのもアリ
 
 
PR