document.write(''); [釣行記]マンガン連発!秋田沖クロメバル[メバルサビキ] | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

マンガン連発!秋田沖クロメバル[メバルサビキ]

編集部 更新日 2017年2月17日   【秋田】

秋田沖のクロメバルがハイシーズン。30cm近い良型中心に多点掛けを連発し、あっという間にクーラー満杯、早上がり!これからのシーズンはオキメバルとともに期待できる。

 
 
 

型が揃うのも秋田沖の魅力

クロメバルを狙える釣り場は、水深30~50mほどの人工魚礁が中心

秋田沖でクロメバルが大爆釣!25~30cmオーバーの良型ばかりを多い人で200匹ほども釣り上げた。この日、4月14日は浅場でクロメバルを狙った後、後半は深場に移動してオキメバルを釣る予定だったが、1投目からマンガンが連発。クロメバルのあまりの好調ぶりに、ポイントを移動するリスクを避けてクロメバル1本狙いに変更した。仙台から釣行してきたというグループの一人は、「数も釣れましたが、とにかくサイズがいいのにビックリしました。20cmより小さいのがほとんど混じらないんですから」

取材日は凪のコンディションで、絶好の釣り日和。クロメバルのポイントは、水深30~50mくらいの人工漁礁周り。今の季節はアミ類やハタハタの稚魚などを狙って集まっているそうだ。一方、リレーで狙うこともあるオキメバルの方は、水深90~140mくらいとちょっと深い場所を攻めるので、両方を狙うときは、それぞれに対応可能な道具立てが必要になる。

仕掛けを落とすと良型のクロメバルが鈴なりに掛かってきた。宮城県から通っているという板橋さんは初っ端からマンガンを連発!
マンガンに掛かったメバルを外す時は仕掛けが絡まないよう注意。1匹、1匹、丁寧かつ手返しよくハリを外していく
 
 
PR