document.write(''); [釣行記]ひとつテンヤで狙う波崎沖のマダイ[一つテンヤ真鯛] | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

ひとつテンヤで狙う波崎沖のマダイ[一つテンヤ真鯛]

菅野 順也 更新日 2017年3月16日   【その他】

軽い仕掛けでダイレクトな手応え。爆発的なブームから、沖釣りの定番メニューとなった「ひとつテンヤ真鯛」。今シーズン群れが非常に濃く、釣果安定の茨城県波崎沖で狙った。

 
 
 

今季好調!波崎沖テンヤマダイ

銚子大橋を上流に眺めながら出港。すぐ対岸は千葉県銚子市

道糸0.8号にテンヤのオモリは3~8号。初めて手にした時はちょっと不安に感じたはずのアイテムが人気の的になり、今ではすっかり浸透が進んだ。

出船場所は茨城県と千葉県の県境を流れる利根川の河口から。川の向こう側、目の前は千葉県だ。午前5時半、航程30分ほどで海底に岩盤が広がるポイントへ到着。

浜茄子丸の堀田正巳船長によれば「今の時期、マダイはエサを追って浮くことがよくあります。その場合、海面から15m付近の棚を狙います。今日は水温が少し下がった直後なので、マダイは海底でエサを探しています。ボトムから始めてください」とのこと。

浮いている時は3~4号をメイン。ボトムなら5~8号をその時々の潮の速さで選択。ボトムから開始の当日、まずは6号をチョイスした。

一投目から、隣席とトモで同時に竿が曲がった。どちらも40cmクラスのマダイが取り込まれた。「いたいた!」と、出遅れた私も急いでテンヤをフォール。ボトムの釣りとなると、エサ盗りが多いのは避けて通れない。それでも3投目には本命のマダイが食ってきた。

この日は出だしから順調で、40cm級のレギュラーサイズが釣れてきた。前回は一人で9枚を釣っており、好釣果に期待!
仙台から遠征してきた釣友は一つテンヤ初挑戦。ライトなテンヤ専用竿の曲がりにテンションもUP!
上がってきたのはいいサイズのハナダイ(チダイ)。波崎沖はハナダイも多いエリアで、このくらいのサイズだとハナダイも喜ばれる
 
 
PR