document.write(''); [釣行記]涼しい夏夜に岸壁にょろアナゴ! | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

涼しい夏夜に岸壁にょろアナゴ!

和地 一彦 2012年7月 5日配信   【宮城】

夏になると無性に釣りたく(食べたく?)なるのがアナゴ君。近場の岸壁から狙えて、釣り方が簡単なのも人気の理由。仕事の後に、ちょっくら夕涼みがてら行ってみました!

釣り場は仙台新港。高松埠頭、中野埠頭、雷神埠頭と、いずれも岸壁に車で乗り着けられる
 
 
 

夜の短時間でも楽しめるお手軽系ターゲット

釣り河北の防波堤ちょい釣り担当(?)、つりえさマリン新港店のワッチーです。今回は仙台新港で簡単に釣れてしまうニョロニョロ君をご紹介いたします。

釣行日は6月23日。この日はお店を閉めてから、21時過ぎに釣り場に到着。ご存じの通りアナゴは夜に狙う魚です。夕方から20時頃までの間にゴールデンタイムが来ることが多いのですが、潮の動きなどにより、夜半にも何度か時合いがあります。もちろん自然が相手なので、狙って竿を出したのに全くの不発という日もありますけれど、基本的にはアブレることの少ない魚。24時過ぎの最干潮時間までには何かしら釣りになるだろうと目論んで行ってきたのであります。

釣り始めてからしばらくすると、40cm前後のレギュラーサイズが釣れてひと安心。右の方は今回同行してもらった投げ釣り集団・鰈三昧の片山団長です
 
 
PR