document.write(''); [釣行記]能代沖 マグロの季節。マダイも好釣! | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

能代沖 マグロの季節。マダイも好釣!

丹野 正文 2012年8月10日配信   【秋田】

8月に入り、東北日本海側の各地でマグロが釣期を迎えている。そんな中、菊田釣センター仙台店の丹野さんは、自身の準ホームともいえる能代へ釣行。マグロのチャンスを待ちつつ、ジギング&カブラ&テンヤのマダイ釣りも堪能した。

能代沖のマグロをキャスティングで狙う。ちょうどマダイも好季を迎えており、マグロのナブラを待つ間は、マダイタックルに持ち替えてマダイの引きを楽しんだ
 
 
 

相性のいい能代の海で今季初マグロ!

能代沖のクロマグロがシーズンイン!菊田釣センター仙台店の丹野店長もさっそく今季1本目をキャッチ。同時に狙ったマダイも82cmを筆頭に良型が揃って、これからしばらくは最高のシーズンが続きそうだ。

「近年は小泊や飛島のマグロも人気があり、私自身そちらでも釣果を上げているのですが、能代のマグロには特別な思い入れがあります。能代は年間15~20回のペースで通っている場所で、能代遠征をライフワークにしてもう15年になります。毎度お世話になっている船長と、シーズン1本目を手にできたのがとても嬉しいですね」

お店の常連さんらと釣行会を行った8月5日は、朝のうち風がちょっとざわついたものの、昼にかけて一気に凪いで、夏らしいスカッとした晴天に恵まれた。水色も良好で、マグロが出そうな雰囲気は十分。ただ、マグロのナブラが沸くことは無く、単発のハネに合わせて要所要所で誘い出すという1日だった。

そんな中でも釣れっぷりが安定しているのがマダイ。ベイトに付いたマダイが中~上層まで浮いた状況になっており、それぞれメタルジグ、タイラバ、一つテンヤを駆使して良型のマダイを釣り上げた。丹野さんも新作のタイ用メタルジグをテスト。ジグの機動性を活かして広いレンジを探り、5枚の釣果を上げた。

丹野さんはマダイ狙いでプロトタイプのタイ用メタルジグを使い5枚をキャッチ。こちらのアイテムは近日発表予定!
釣れてくるマダイは60cmオーバーのナイスサイズがほとんどだった
能代沖には40cm級のオキメバル(テリ)を狙えるポイントとして有名なテリ場があるが、タイ狙いの竿に釣れてくるソイやオキメバルもデカい!
 
 
PR