document.write(''); [釣行記] 夏泊半島沖ゴムボートでマダイ85cmキャッチ![夏泊半島のボート真鯛] - 船釣り - 青森 - マダイ:釣り河北
ENJOY FISHING フィッシングライフをサポートする釣り情報サイト 河北新報オンラインニュース河北新報オンラインコミュニティー
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

夏泊半島沖ゴムボートでマダイ85cmキャッチ![夏泊半島のボート真鯛]

鈴木 潤 更新日 2017年3月17日   【青森】

11月も後半になると、陸奥湾のマダイは湾内の浅場から深場へと移動を始める。しかしながら、シーズン終盤のむつ湾は大型が出る可能性が高い季節。一発大物を狙って、夏泊半島周辺へゴムボートで出船した。

【こちらの記事もどうぞ!】
もうすぐハイシーズン!陸奥湾ブラーマダイ(2010年)

釣り場は青森県の夏泊大島周辺。一帯に浅い海が広がりボート釣りの人気が高く、貸しボートでも楽しめる
 
 
 

晩秋は陸奥湾内の大物が深場へ落ちる季節

抜群の魚影の濃さを誇る陸奥湾のマダイ釣り。津軽海峡から群れが入ると湾内は天然のイケス状態になり、盛期には小中型の数釣りが楽しめる。そして、水温の低下とともに魚が深場に落ち始める晩秋は、浅場に残るだけの体力のある大型を狙えるチャンス。11月に入ると日に日に海況が不安定になり、出船の機会も少なくなるが、運よく出られればいい思いをできる可能性が高い。

鈴木潤さんは10月25日、夏泊周辺にゴムボートで釣行し、85cmを頭に多数の良型を釣り上げた。他にも50オーバーが多数と、シーズン終盤らしい釣れっぷり。

「よく釣れた場所の水深は36m前後。魚が徐々に落ち始めて、ポイントが深めになってきたところでした。それでも、シーズン終盤に釣れる大型はほとんどが底付近でヒットするんですが、この日はまだまだ中層で釣れる魚も多く、例年よりはシーズンがちょっと遅れているのかなと感じました」

この日は鈴木さん所有のアキレスSE365(定員6名・15馬力船外機搭載)に、3人で出船した。全長3.65mにウッドフロア、エアキールを装備し、快適な釣りが楽しめる
ポイントに入ると、この時季らしく、50cm以上のいいサイズのマダイが好調に釣れてきた
 
 
PR