document.write(''); [釣行記]岩洞湖 氷上ワカサギ釣りが開幕! | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

岩洞湖 氷上ワカサギ釣りが開幕!

千葉 宏一 2013年1月16日配信   【岩手】

盛岡・岩洞湖で氷上のワカサギ釣りが順調に解禁!千葉宏一さんは昨年に続きファミリーで釣行。手軽に和気あいあいと楽しめるのもこの釣りの魅力です。

 
 
 

開幕3日後 今季初のワカサギ釣りに挑戦!

「岩洞湖の氷上が解禁された1月10日は残念ながら仕事が忙しくて行けなかったのですが、3日後の1月13日に、キャンプ仲間の岩渕さん父娘とうちの息子の4人で釣行しました。釣れ方は場所や時間帯でちょっとムラがある感じでしたが、深めのポイントを攻めて4人で300尾以上は釣ったと思いますよ」

今回、取材を行った千葉宏一さんは前日の深夜に一関市千厩の自宅を出発して、未明に岩洞湖に到着。選んだ釣り場は第3ワンド付近。いつもだと朝方は5~7mの浅場で回遊待ちをするのがセオリーなのだが、息子の寿智くんの「去年、釣れたのはこのへんだったよね」のひと言で、最初から深場を狙うことに。

前日の午後11時頃に千厩を出発。北上あたりから雪が降り始めたが、2時半には岩洞湖に到着した

水深12m前後のポイントにテントを設置して釣り開始。すると、ワカサギの活性はいまいちながら、朝イチからポツポツと釣れてきた。明るくなってからは水深12~15mラインのポイントに移動。するとこちらが好調で、ダブル、トリプルありでコンスタントに上がり、14時半頃までには十分な釣果を上げて竿を納めた。

今季初ワカサギとなった千葉宏一さん。親子で好スタート!
8人用テントで一緒に釣りをした岩渕さんファミリーもこの通り!
 
 
PR