document.write(''); [釣行記] 今季も有望!小川原湖周辺のワカサギ釣り - 淡水その他 - 青森:釣り河北
ENJOY FISHING フィッシングライフをサポートする釣り情報サイト 河北新報オンラインニュース河北新報オンラインコミュニティー
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

今季も有望!小川原湖周辺のワカサギ釣り

鈴木 潤 更新日 2017年3月17日   【青森】

連日の寒波が効いたか、青森県の小川原湖(姉沼、内沼)が早期に結氷!ワカサギの穴釣りを楽しめるようになっている。去年、一昨年に続き鈴木潤さんが今季の状況をリポート!

1月17日の夕方、小川原湖の東側に隣接する姉沼でちょっとだけ試し釣り。左端、対岸に見えるのが有名な象の檻(姉沼通信所)
 
 
 

青森のワカサギファン本格始動!

岩洞湖、桧原湖など各地でワカサギの氷上釣りが解禁する中、青森の小川原湖周辺の湖沼群も3シーズン連続で氷上釣りを楽しめる状況になっている。

鈴木潤さんは、「この季節になると、うちのお客さんの間でも、『もう乗ってる人がいた!』とか『まだダメなんじゃないの?』といった話が聞かれるようになって、注目度が一気に高まります。私も釣り場の様子を見に行ったついでに、1月17日の夕方にほんの30分ほどですが、姉沼で試釣してきました。19日、20日の土日には結構なテントの数になって、小川原もいよいよ氷上シーズンですね」

以前の記事でも紹介してきたが、小川原湖周辺は小川原湖本湖の他に内沼、姉沼、田面木沼などのワカサギを狙える湖沼が複数ある。今回、潤さんが見回ったところでは、内沼と姉沼はほぼ全面結氷しており、特に内沼の釣況が安定。シーズン序盤でまだ魚が抜かれていないため、型もまずまず(内沼はシーズン後半にかけてちょっと小さめになるのが例年の傾向)。数も100尾前後をアベレージに、50尾から600尾以上を釣った人もいて、今季も好調なスタートを切っている。

氷厚は十分といえるが、氷の上に水と雪が乗っている状況。濡れないように折り畳み式の台座やイスを用意するのがベター
短時間の試釣ながら、10cmくらいのまずまずサイズのワカサギが釣れてきた
 
 
PR