document.write(''); [釣行記]牡鹿半島の雪見ガレイ~夜投げアイナメ! | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

牡鹿半島の雪見ガレイ~夜投げアイナメ!

東海林 誠 2013年2月 1日配信   【宮城】

寒い日が続きますが、牡鹿~三陸の海は常夜灯周りの夜投げ釣りでアイナメ、日中は産卵後の荒食いに入ったカレイを狙える好機!悪天候の中、無理してまで行くのはちょっと無謀かもしれませんが、挑んでみる価値は十分にありますよ!

 
 
 

吹雪の中、夜投げからスタート!

この冬シーズンは、本業が超多忙なのに加え会報資料作成(+2歳児の子守り?)のため、釣行回数は例年の1割程度と激減中...。しかも、天候にも恵まれず、年末&年始にはクラブ員数名で岩手にナメタ釣りを計画していたものの、大荒れで2度とも中止に。

今回、同クラブの横地クン(石巻市在住)から、赴任中の沖縄の宮古島より1年ぶりに帰省中との連絡を受け、書類を届けがてら、牡鹿半島にナイト&デイ釣行を計画!1月27日(日)、またも悪天候の中、今年初の投げ釣りに行ってきました!

前日の午後から本降りの雪になり、夜、仕事が終わって釣り場へ向かう頃には、-6℃で路面はスケートリンク状態...。さすがに中止も考えましたが、横地クンはヤル気満々!(笑)慎重に運転し、石巻に着くまで3時間。さらに、牡鹿半島到着時には、猛吹雪で視界不良と最悪...(涙)。

牡鹿半島に入る頃には雪が吹雪に変わり、暴風雪警報まで出る悪天候に...

例年、冬場は夜投げで大型のアイナメが狙える時期なので、同クラブのメンバーも12月頃から夜の牡鹿半島~女川~雄勝方面へ精力的に釣行し、今年も45~50cmUPの良型アイナメを多数仕留めています!

2週間前、かさ上げ工事が終わって新しくなった牡鹿半島の漁港を10数ヶ所見て回り、今回は、そのうちの新しいポイント2ヶ所で試し釣りをする予定。しかし、猛吹雪のため場所変更し、常夜灯がある岸壁に車を横付けして、竿を2本ずつ出して2時間程度様子を見ましたが、10分もしないうちにリールが雪だるま状態...。雪が止む気配は無く、アイナメ、アナゴ、ドンコが数匹釣れたところで一旦納竿し、車中待機&仮眠。

クラブの他メンバーは昨年12月以降、夜投げでアイナメやクロソイなどの釣果を上げている。写真は左上から順に高橋さん、横山さん、木口さん
 
 
PR