document.write(''); [釣行記]塩釜沖でボートロックファンの祭典を開催! | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

塩釜沖でボートロックファンの祭典を開催!

編集部 2013年5月 9日配信   【宮城】

平成25年4月21日(日)、塩釜沖で行われた「2013塩竈ボートロックトーナメント」。雨に雪の混じるあいにくの天候ながら、大型ロックフィッシュが多数飛び出し、結果は上々。女性アングラーも大活躍し、楽しいイベントとなった。

 
 
 

女性や初心者にもチャンスがある大会

塩釜の遊漁船アーネストの主催で行われた「2013塩竈ボートロックトーナメント」。震災前に2回、震災後も去年から再開されているこの大会。シーズン初期の4月開催ということでキーパーを揃えるのが難しいが、出れば一発大物に期待できるというのが例年の傾向となっている。

一発大物の可能性があることで、経験値が比較的浅い初級者でも根気強く釣りを続ければ一発大物を手にするチャンスがあるのが嬉しいところ。また、中級者以上には、難しい条件の下でいかに腕を発揮するかという醍醐味がある。

この日はえびす屋の大型船3艘を貸し切って出船!
各船一斉に競技スタート!
タレントのみっちぃこと石崎理絵さんがゲスト参戦!女性アングラーも多く、華やかな雰囲気
宮城周辺の地元アングラーが多かったが、埼玉から参加した方も。「去年のみっちぃの大会で大きなナメタを釣ったので、もしかしたら?に期待して来ました!」
今回、ピュア・フィッシング・ジャパンからは、プロトタイプの「ピンテールパルス」と「Tテールシャッド」が参加者全員に配られた。フィールドテスターの戸澤直彦さん(SEARCH)は、「ピンテールパルスはリブから生まれる波動と発泡効果が特長で、軽めのリグでフワフワ誘う使い方がおすすめです。比較的軟らかめの素材なので食いこみも期待できますよ。Tテールの方はテールの振動が魅力。普通にフォールやスイミングで使ってもいいですが、重めのシンカーと合わせて、パンチリグ的にフォールでアピールさせるのもアリですね」
ベッコウ、アイナメともにまずまずのキーパーサイズが上がり、大会は僅差の戦いに...
途中から大粒の雪(ミゾレ)も混じって天候が厳しくなってきたため、競技終了時間を11時に繰り上げることに決定
みっちぃはゲストのため参考釣果ながら、50cm級のアイナメと40cm級のベッコウゾイを揃えてすっかりご満悦?
定番のボッケも登場
 
 
PR