document.write(''); [釣行記]秋田男鹿沖で良型アラ獲り! | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

秋田男鹿沖で良型アラ獲り!

林 太郎 更新日 2013年9月20日   【秋田】

秋田男鹿周辺沖の深場で高級魚として知られるアラが釣れている。コアラと呼ばれる1kg前後もいるが、先日は6.5kgの良型をキャッチ!過去には10kg超の大型の実績も高くなっている。

 
 
 

貴重な良型のアラを狙える釣り場。

数が少ないことから幻の魚ともいわれる超高級魚アラ(=魚へんに荒)。秋田の釣具の館・フィッシングチーム海遊会ではアラ狙いでたびたび出船している。

通常、2kgを超えるものをアラと、小型の1kg程度のものはコアラと呼ばれている。大型のものでは、15kg近くになるが、数年に一度しか上がらない。

数が少なく坊主も覚悟の魚であるが、経験豊富な船頭にかかると、船中3~10本程度上がることも。10kgクラスのものは年に数本と少ないが、海遊会メンバーも毎年必ず、数人が10kg台を上げている。

エサは、現場でイカを釣って、生きたまま泳がせで釣ることが多いが、イカが大きくなってくるとこの釣り方はできない。取材で釣行した9月14日も釣れるイカが大きいとのことで最初からエサを持参した。

【タックルデータ】
■ロッド
アリゲーター技研 平政バトル改 特注
工房剛樹 ディープチャレンジャー230
ミヤマエ ゴング230M
■リール
シマノ フォースマスター3000MK
ダイワ 500~750番
ミヤマエ 3~6クラス
■ライン
PE5号、350m
■仕掛け
胴突き仕掛け
幹糸:10~14号
枝間:120cm
ハリス:8~12号、45~121cm※長さは潮流による。
親バリ:ソイ20~22号前後
孫バリ:ソイ18~22号
オモリ:250号
■エサ
イカ 胴長10~15cm程度
もしくは、イカが大きい場合は ゲソのみ
サバ イワシなど

この日の午前中は、3kgと1kgほどの船中2匹。そのほか30cmほどのノドクロ(アカムツ)しか釣れず、苦戦。何度かアタリがあるものの、なかなかベイトを飲み込むまでいかず、12時を過ぎて諦めムードが漂う中、12時半ころ待望のアタリが‥。

引かず、出さずのテンションを保ち、前アタリではなく、本喰いを待つ。30秒を過ぎ強烈な引きを感じ、大きくアワせる。アラの口は硬く、アワセは大きめにやらないとフッキングしない。

また、アラは捕食が上手い魚ではないので、最初のアタリでの早合わせは禁物。竿先を落としつつも、テンションを保ち本食いを待つのがコツ。

もともと、海底を泳ぎ回るというよりは、じっと潜んで目の前ニ落ちてくるエサを捕食する魚で、他の魚の喰いが落ちる、長潮や、若潮などがよいとされる。

ハリス、モトスとも、十分な太さはあるものの、キツめなドラグを効かせつつ、慎重に巻き取り、時折フォースマスターの電子ドラグ音がチ・チ・と聞こえながら、残り5m、80cm近いシルエットが見える。最後まで暴れるので、慎重にタモを掛け取り込む。

全長82cm、6.5kgほどの良形のアラが上がった。船長曰く、浜値で3万円以上。末端価格で6~7万円はするとのこと。後日、当会のメンバーを集め、みんなでアラの追悼式を行った。

アラは釣り上げて5日程度置くことにより熟成され、最高の美味になる。また、頭や骨なども鍋にすると最高のダシがとれ、捨てるところがない魚。大相撲九州場所でのアラのちゃんこなどが有名だが、これは同じハタ科のクエ。クエとアラがよく似ているため混同されますが、九州のアラはクエの別名で、こちらは本名がアラです。

翌日も城東沖釣り会のメバル五目の大会で、秋田港・カーサー号山田さん(アラ釣で有名)は、5名乗船中5名がコアラをゲット。うち、海遊会の会員でもある安藤さんは、3本ゲットしたとのこと(先日も7kgを上げたばかり)。メバル本命の大会ながら、流石です!!

6.5kgと良型のアラにアカムツのオマケつき。過去には15kg級の弩アラの実績も
【釣行データ】
■釣行日時:9月14日
AM3:30 男鹿市北浦・湯の尻漁港 出港
※詳しい船名等は釣具の館秋田店まで。
■釣行メンバー:フィッシングチーム海遊会 林 太郎 他、3名
■風:南西/5m
■波/潮:0.5~1m/長潮
■漁場:男鹿沖 向瀬
水深140~160m 、岩礁堆
釣具の館 秋田店は他では手に入らない珍しい深海用ロッドを多数ラインナップするほか、オリジナルロッドも製作。実績抜群のオリジナル仕掛けやオリジナルベイトなど、日本海のアラ、ノドグロ、オニカサゴのことならこちらにお任せ!

大きな地図で見る
釣具の館 秋田店
TEL:018-874-9262


◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

☆特別な連載記事も読める!
プレミアム会員サービスがスタート!!

2013年5月1日より釣り河北プレミアムサービスが始まりました。毎週火曜に専用メルマガを配信中!ハンター塩津氏が毎月、ロックフィッシュの当たりパターンを予想し、攻略法を伝授する「月刊 ハンター式磯ロック攻略術」や三浦屋・三浦明船長による「三浦明の船宿でしか聞けない話」、針生秀一さんがマニアックな釣り知識を惜し気も無く公開する「常笑upcoming fishing!(プレミアム版)」などプレミアム連載プラス、東北6県の最新釣り情報をここだけでしか読めない独自編集でお届け!
入会特典等もありますので、この機会にぜひぜひご加入ください。詳細は↓↓↓をご覧ください。
http://tsuri-kahoku.jp/i_premium/premium.htm

※取材・テキスト/林太郎(海遊会)
※取材協力/釣具の館 秋田店(秋田・秋田市)
 
 
PR