document.write(''); [釣行記]宮城復興防波堤巡り ~志津川編~ | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

宮城復興防波堤巡り ~志津川編~

編集部 更新日 2013年12月17日   【宮城】

震災による被害が甚大だった南三陸町志津川地区で、漁港の復興状況を確認してきた。志津川周辺でも陸っぱりの釣り人は増えつつあるが、回ってみたところ早くて平成26年3月、平成26年度(平成27年3月)までは復旧工事中という場所が多かった。復旧優先、安全第一で、当面は作業の邪魔にならない範囲内の釣りになりそうだ。


大きな地図で見る
志津川港のすぐ北側に隣接する袖浜漁港から国道398号線沿いに志津川湾内をぐるっと回った
 
 
 

袖浜漁港

小規模ながら砂浜と隣接したロケーションは抜群で、アイナメ、カレイの投げ釣りや岸壁のサビキ釣り、チカ釣りなどで賑わった漁港。養殖関係の漁船が多く、スロープと港内には相当数の船が戻っていた。ただ、岸壁、防波堤と復旧工事が続いており、防波堤はあっても、工事が終わるまでは釣りをするのは難しそうな状況。

スロープ付近。港内には多数の係留船がみられた
奥の岸壁付近はほぼ全域でかさ上げ工事中だった。以前はチカなどが釣れていたポイント
防波堤自体のかさ上げ工事はほぼ完了しているように見える
砂浜に隣接する小防波堤も新しくなっていた。ただ、取材時は防波堤の付け根付近には工事中のフェンスが張ってあった
小防波堤から見た港内。フェンスはあるが、フェンス内側は整地されておらず荒れた状態
海水浴場だった砂浜部分。陸側は荒れたままでロープが張られていた
袖浜漁港の工事は平成26年3月27日までの予定となっていた
身近な釣り場はこちら

■参考URL(宮城県)
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/ks-tihouken-sg/sizugawa-huxtukyuu.html
 
 
PR