document.write(''); [釣行記]仙台新港 GWにイワシサビキはいかが?[堤防ファミリーフィッシング・鰯サビキ釣り] | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

仙台新港 GWにイワシサビキはいかが?[堤防ファミリーフィッシング・鰯サビキ釣り]

和地 一彦 更新日 2018年4月 6日   【宮城】

今シーズンも仙台新港でカタクチイワシが釣れ始めた。サビキ釣りで簡単に狙えるほか、ちょい投げ、探り釣りのアイナメやカレイもよくなってきて、行楽がてら楽しむのに最高の季節の到来!

[身近な釣り場]仙台港

仙台港のカタクチイワシを試し釣り
 
 
 

サンデーアングラーにも大人気!
サビキ釣りシーズンが開幕!!

おひさしぶりです!つりえさ倶楽部マリン仙台新港店のワッチーです。常連のお客様より「イワシが釣れ始めたよ!」との情報をいただき、GW直前の4月25日に試し釣りをしてきました。

新港のイワシはまだ釣れ始めのため群れはあまり濃くはないのですが、群れが回ってきた時に連続して釣れるので、タイミングに合わせてアミコマセを撒いて群れを集めることができれば数も期待できます。この日は短時間の試し釣りで53匹を釣ることができました。サイズはバラバラで、8~9cmくらいがアベレージ。10cm以上ある丸々としたカタクチイワシも混じりました。

4月27日の日曜日にもちょっと岸壁の様子を見に行ったのですが、情報を聞きつけた釣り人が岸壁一杯に並んでいました。釣り人が多くコマセも効いたのか、2日前に試し釣りした時よりも釣況もいい感じで、ベテランさんの中には120匹ほど釣っている人もいましたよ。

仙台港はフェリーやタンカーなど大型船が出入りする工業港。港湾関係者とトラブル等の無いように釣りを楽しみたい
太平洋フェリーが発着するフェリー埠頭すぐ隣の雷神埠頭で竿を出した
4月27日はGW最初の日曜ということもあり、フェリー埠頭は大勢の釣り人で賑わっていた

誰でもカンタンに一杯釣れるのがイワシの魅力!

イワシ釣りは市販のサビキを道糸に付けて落とせば誰にでも釣れる簡単な釣りですが、たくさん釣るにはいくつかのコツがあります。

まずはしっかりとコマセを効かせて自分の仕掛けの近くにイワシを寄せること。コマセはアミやアカアミと呼ばれるイサダアミを使います。ブロック状に冷凍されているものを海水で融かして使うのもいいのですが、塩漬けにした常温コマセもおすすめ。常温コマセはそのまますぐに使えるし、ちょっと発酵しかけたニオイが集魚効果を生むのか寄りがいい時があります。

コマセは直に触ると手が臭くなるので、スプーンなどはマストです。そのまま周りに撒いてもいいのですが、サビキの上にコマセカゴを付けた方が仕掛けの近くにコマセが落ちて効果的です。コマセカゴには上カゴ、下カゴの2種類があって、アジなどなら下カゴ式がいい時もあるのですが、イワシの場合は上カゴ式が一般的。

マリンオリジナル塩アミ。三陸産のイサダアミを使っているので高品質!
コマセが手に付いてしまったり、魚を触った後はボウズのがれウェットティッス(ささめ針)を!レモン、グレープフルーツの2種類があり、いやなニオイをさっと拭き取れる

仕掛けはファミリーや仲間うちで手軽に楽しむなら5、6本バリが扱いやすいです。ルアーロッドやちょい投げ竿など何でもできますが、ある程度やわらかめの竿だと食い込みがよく釣りやすいです。ノベ竿でもいいのですが、道糸の長さの調整が大変になります。

仙台周辺の場合、毎日岸壁に通うようなベテランさんの多くはがまかつの相馬サビキを好む人が多いですね。相馬サビキは10本バリとハリ数が多いので、広いタナを探って当たりダナが見付けやすく、また、大きい群れが来たら一気に多点掛けで数を稼げるのが魅力です。仕掛けが長いので、竿も4.5mか5.4mの長さは欲しいところ。小物用の磯竿などが食いこみもよいのですが、長めのちょい投げ竿にも調子が軟らかくてサビキ向けのものがあります。

仙台周辺の人気ナンバー1サビキがこの相馬サビキC(がまかつ)。実績のバケ設定と10本バリというハリ数の多さが特長
常連さんは岸壁用ロッドキーパーに5.4mくらいの磯・防波堤竿を組み合わせる人が多い
4mくらいのちょい投げ竿にもサビキ向きのものがある
大きい群れが回ってくれば6匹、7匹と多点掛けで釣れてくることも!

投げながら、探りながらも楽しい!

仙台新港の釣り場は雷神埠頭、中野埠頭、高松埠頭の岸壁で、いずれも車を着けることができます。ただ、フェリーの接岸や大型船の積み込み、港湾作業時などは岸壁に近寄れなくなりますので、空いている場所を探して竿を出します。

サビキ以外ではアイナメやカレイなども調子がよくなってきました。投げ釣りや探り釣りの仕掛けを置き竿にしながらイワシの回遊を待つのもありです。根魚やカレイはこれから活性が上がってくるので、意外な大物が釣れることもありますよ。

中野埠頭では投げ釣りをしている人がいた
岸壁キワの探り釣りでアイナメ、ソイの根魚を狙える
探り釣りで釣れたアイナメ。アイナメはようやく活性が上がってきたところで、GW以降がシーズン本番

今回は仙台新港を紹介しましたが、七ヶ浜周辺でもカレイやアイナメが釣れてきていて、代ヶ崎浜周辺の航路周りは投げ釣りでカレイがよく釣れているようです。先日は仙南サーフでイシガレイが釣れたり、砂浜の投げカレイも面白くなってきました。ただ、砂浜に行った人の話では、季節的なものか?波打ち際一帯に枯れて抜けた藻が打ちつけられているのでPEラインだと藻が掛かって釣りにくかったそうです。

待ちに待った陸っぱりのシーズンの到来です!ゴールデンウィーク後半は好天スタートになりそうですし、仙台新港、七ヶ浜に遊びにきてください。

夢メッセ隣の旧釣り公園(中央公園)は未だ工事中で、4月25日の取材時は立ち入り禁止になっていた。※4月29日より駐車場とテニスコート等が供用開始されたものの、岸壁のオープンは未定。
■関連情報:宮城県公式ウェブサイト(外部サイト)
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/kouwan/bubun.html
4月27日のフェリー埠頭ではちょい投げでアイナメ、カレイも釣り上げられていた
これからの季節はこのカタクチイワシを追ってイカや青物も港内に入ってきます!
[つりえさ倶楽部マリン仙台新港店]
新港の釣り場に近く、釣りの最中に足りなくなったエサや仕掛けの補充にも便利。地域トップクラスを誇る活きエサの品ぞろえはもちろん、冷凍エサや釣り具もお買い得。連日4時からの早朝営業なので、船釣りの出船前に入り用の際にもおすすめ!
■TEL 022-786-3580

大きな地図で見る
[つりえさ倶楽部マリン新港店] キリンビール仙台工場向かい、白石倉庫隣
PROFILE:和地一彦

つりえさ倶楽部マリン仙台新港店店長。釣り河北では主にちょい釣りを担当。これまでは陸っぱりがメインだったが、ここ最近は船釣りも勉強中。質問、雑談大歓迎!お店で見かけたら気軽に声をかけてみてください(忙しい時はお相手できない場合がありますので悪しからず)



◆記事に書けない裏話や質問への回答はweb版 無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

☆特別な連載記事も読める!
プレミアム会員サービス!!

釣り河北プレミアムサービス会員募集中。毎週火曜に専用メルマガを配信!ハンター塩津氏がロックフィッシュについて解説する「月刊 ハンター式磯ロック攻略術」や針生秀一さんが船釣りに関するマニアックな知識を惜し気も無く公開する「常笑upcoming fishing!」、仙台広瀬キャスターズの東海林誠さんによる「東北投げ釣り徹底ガイド」、アーネスト佐藤尚行船長の「仙台湾ルアーフィッシング大攻略」などなど、プレミアム連載プラス、東北6県の最新釣り情報をここだけでしか読めない独自編集でお届け!
入会特典等もありますので、この機会にぜひぜひご加入ください。詳細は↓↓↓をご覧ください。
http://tsuri-kahoku.jp/i_premium/premium.htm

※取材・解説/和地一彦
※取材協力/つりえさ倶楽部マリン仙台新港店(仙台市宮城野区)TEL:022-786-3580
 
 
PR