document.write(''); [釣行記]マコガレイかかり釣り好季突入! | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

マコガレイかかり釣り好季突入!

伊藤 育男 2014年5月28日配信   【宮城】

宮城、岩手のカレイ船は浅場の掛かり釣りが盛期に入っている。ここでは伊藤育男さんが新製品の「育男の仕掛け」を持って渡波沖からリポート!

大型魚礁のカレイ釣りも好シーズン

渡波沖(長浜海岸沖)は一帯にカキ養殖棚が広がり、3月、4月の早い時季から掛かり釣りで期待できる実績釣り場。他のエリアで掛かり釣りが始まる5月頃は養殖棚の撤去が始まりシーズン終盤となるが、残った養殖棚にかかってマコガレイを狙った。

 
 
 

棚周りの浅場でカレイとの対話を楽しむ。

釣り場となった渡波沖の養殖棚ポイントの水深は10~30m。長浜の砂浜周辺はイシガレイも多いが、養殖棚の周りは泥底で、釣れてくるのは泥付きのマコガレイが中心だった。

渡波沖(長浜)のカキ棚は牡蠣シーズン終盤で撤去に入っていた
右舷、左舷交互に船を着け、オール掛かり釣りで楽しんだ

これからの季節のかかり釣りは、カレイの活性が日に日に高くなり、釣り場の水深も浅いため引ったくるような明確なアタリと強い引きを楽しめるのが醍醐味。取材時も、アタリからしてカレイの食いは活発なのだが、居着きのカレイが食い始めるまで少し間があるのが渡波沖のマコガレイの特徴でもある。

「ここはゆっくり時間をかけるしかないから」と船長が言う通り、仕掛けを落としてすぐに釣れてくることはないが、誘い始めてからしばらくすると1か所で5~10枚くらい釣れて、食いが止まったら次のタナに移動するという感じだった。

ここではいつカレイが食い始めるか分からないので、常に誘い続けている必要があり、置き竿は×。泥底のためにオモリが『ズボズボ』とハマりやすかったが、繊細な操作でオモリが埋もれないように誘った。

誘い方は、寄せる誘いよりは食わせる誘いを長めにすると効果的だった。2本竿で交互に誘うのもバランスがよくて◎。アタれば「ガツン!」とアイナメがきたようなはっきりとした食い方が多かった。

今回も父子で釣行!
伊藤さんの使用ロッドは2014年新製品の「がま船 天鰈幻(がまかつ)」。テクノチタントップソリッド穂先を採用した超先調子仕様。感度が素晴らしく、カレイ釣りを極めるには最高の1本に仕上がっている
[天鰈幻・メーカーページ]
http://www.gamakatsu.co.jp/products/search.php?heirloom=on&Act=detail&id=21041
1.6mを両手持ちで誘う伊藤さん。先調子で操作性の高い「天鰈幻」なら泥場のポイントでオモリが埋もれないように誘うのも容易

仕掛けは2014年4月に新発売となった「育男の仕掛け」を使用。掛かり釣りでは、ハイシーズンの食いのいいマコガレイには両テンビンタイプが最適なのだが、この日はじっくり誘うためにノーマルな2本バリ、3本バリを選択。掛かり釣りではポイント状況や食い気に合わせた仕掛けの使い分けも重要になる。

伊藤父子は2014年リリースの「育男の仕掛け」を使用。高活性期のかかり釣りでは両テン式のIK03や宙バリ式のIK04がいいのだが、この日はじっくり誘う必要があったため普通の2本バリ(IK02)、3本バリ(IK01)を選択。
※「育男の仕掛け」は東北のキャスティング、上州屋各店で手に入る(取り扱い店順次追加予定)

今回取材を行った渡波前の棚周りはそろそろシーズン終盤だが、三陸カレイの掛かり釣りシーズンはまだまだこれから。牡鹿周辺では田代島・網地島沖もどんどんよくなってくる。カレイファンの皆様には、三陸のメインターゲットともいえるマコガレイ釣りを今シーズンも満喫していただきたい。

左右交互に船を着け、同船者も浅場の良型マコガレイの引きを満喫した
この日、たまたま同船した人たちも「育男の仕掛け」を直接購入。同仕掛けユーザーの釣りクラブ「天鰈会」にも入会した
「育男の仕掛け」
[コンセプト]
■やわらかく自然であり、釣れる時も釣れない時も両方に強い
■最大限に遊びと抵抗を無くした超高感度
■カレイが最も反応を示すスーパーイエロー(オモリもスーパーイエロー推奨)
[ラインナップ]
■IK01:ノーマル3本バリ(約80cm)
■IK02:ショート2本バリ(50cmほど)
■IK03:両テン仕掛け
■IK04:宙バリ付き
■IK05:ショート3本バリ(約60cm)
※東北地方のキャスティング、上州屋各店で販売中。
[釣具店案内] 津田釣具店(宮城・石巻市)
渡波周辺の遊漁船を斡旋。カレイ船やヒラメ船に、万石浦のハゼ船のことも任せて安心。店舗は渡波防波堤に近く、牡鹿半島の入り口にもあたるため、投げ釣りや磯釣り、ロックフィッシュ等の情報も充実している。
■TEL:0225-24-0020

大きな地図で見る

◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

☆特別な連載記事も読める!
プレミアムサービス会員募集中!!

毎週火曜に専用メルマガを配信!ハンター塩津氏がロックフィッシュについて解説する「月刊 ハンター式磯ロック攻略術」や針生秀一さんが船釣りに関するマニアックな知識を惜し気も無く公開する「常笑upcoming fishing!」、仙台広瀬キャスターズの東海林誠さんによる「東北投げ釣り徹底ガイド」、アーネスト佐藤尚行船長の「仙台湾ルアーフィッシング大攻略」などなど、プレミアム連載プラス、東北6県の最新釣り情報をここだけでしか読めない独自編集でお届け!
入会特典等もありますので、この機会にぜひぜひご加入ください。詳細は↓↓↓をご覧ください。
http://tsuri-kahoku.jp/i_premium/premium.htm


PROFILE:伊藤育男

10代にしてカレイ釣り大会に優勝した経歴を持つ、東北屈指のカレイ釣り職人。ここ数年は、船釣りをメインに、もっぱら楽しい釣りを追求中。がまかつフィールドテスター、サンラインフィールドテスター


※取材・解説/伊藤育男
※取材協力/津田釣具店

 
 
PR