document.write(''); [釣行記]七ヶ浜~仙台 近場の投げカレイポイント! | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

七ヶ浜~仙台 近場の投げカレイポイント!

編集部 更新日 2018年12月26日   【宮城】

アイナメはのっこみシーズン、カレイも岸壁からの投げ釣りで良型を狙えるシーズンです。ここでは仙台、七ヶ浜近郊で40UPを狙える実績ポイントを紹介しちゃいマス!

11月27日は吉田花渕浜周辺で最大42cmまでのマコガレイとアイナメをキャッチ!
※詳細はコチラ
 
 
 

仙台新港釣り公園「仙台港パーク」

仙台新港は釣りを禁止されている岸壁も多くなっているが、2014年に再オープンした釣り公園「仙台港パーク」ならば安心して投げ釣りを楽しめる。

釣り公園付近は砂泥底が広がっており、小中型カレイやアイナメ、ハゼ、夜はアナゴなどが釣れてくる。のっこみのシーズンはちょい投げや探り釣りで予想外の良型アイナメが釣れることも!今シーズンは例年以上にシャコが多かったようだ。

11月4日、釣り公園のすぐ近く、つりえさ倶楽部マリン仙台新港店の和地店長は同店スタッフのスグルくんとともに実釣。投げ釣りでシャコとアナゴ、サビキ釣りで小サバを釣り上げた
今秋、仙台新港で釣り上げられた40cmのホシガレイ(つりえさマリンのお客さん持ち込み釣果)。こんな魚もいるので近場とはいえあなどれないのだ
和地店長が仙台新港で釣り上げた40cmのアイナメ。のっこみシーズンは港内でもこのサイズが上がる(11月9日の釣果)

七ヶ浜「代ヶ崎周辺」

多聞山の下、仙台太陽光発電所(旧火力)と隣接する代ヶ崎・谷地漁港周辺は、対岸の馬放島との間の代ヶ崎航路を狙える好ポイント。航路のカケアガリを狙って投げてアイナメ、カレイ、夜はアナゴがターゲット。

大物の実績もある場所なので、太めの仕掛けが◎。船の往来による引き波や航路の潮流があるので、三角オモリなどを使うのがおすすめ。また、海藻が多い場所もあるため、胴突きやワイヤー天秤などもいい。漁港内など浅場はちょい投げ、探り釣りのハゼ釣りポイントでもある。

多聞山の下の代ヶ崎漁港・谷地地区
以前、よがさき屋釣具店があった辺りは代ヶ崎航路と呼ばれる名ポイント
馬放島との間の航路一帯が釣り場。根掛かり多発ポイントもあるが、確実に魚が溜まる場所があるので根気よく探ってみるといい
谷地漁港の防波堤はかさ上げ工事がほぼ完了している
[代ヶ崎周辺]

七ヶ浜「吉田浜海岸(前塚浜)」

「吉田浜貝塚」の跡地の脇から小道を降った先にある砂浜。駐車スペースから少し歩くのと、砂浜の釣り場のため中上級者向けではあるが、仙台近郊の投げ釣り師の間では定番の釣り場。

降り口の手前側は根が広がり、根掛かりを避けながらアイナメ狙い。手前側10mくらいからは砂地が広がり、イシガレイ中心にマコガレイも釣れてくる。ただし、ここは漁業者の網が入っている時があるので注意!

吉田花渕漁港から坂を登った先に吉田浜貝塚跡がある
崖上付近からの眺望
以前、鈴政丸の店舗があった付近が駐車スペースになっている
降り口。30mくらい小道を降ると砂浜に出る
手前側は根があるが、中央から先は砂底でカレイのポイント。砂浜なのでロッドスタンドはマスト
[吉田浜海岸]

七ヶ浜「吉田花渕漁港」

吉田花渕漁港の中央、白灯台の堤防はかさ上げ工事が完了して釣り人の姿もみられるようになった。ここははカケアガリに投げてイシガレイ、マコガレイの実績ポイント。

また、2014年11月現在工事中だが、ガソリンスタンド下の堤防周りは根が広がっており、アイナメを狙える。ヨットハーバー側の防波堤へは震災後、アクセスできなくなっているが、ここも防波堤真ん中付近から沖側にイシガレイのポイントがある。根掛かりも多いが、根の周りでソイなども釣れる好ポイントだった。

吉田浜海岸側の防波堤は現在工事中。ゴロタ浜の方に投げてアイナメの実績が高い場所
白灯台の防波堤は付け根に5、6台ぶんの駐車スペースがあるが、週末などはすぐに一杯になる
かさ上げが終わった白灯台の防波堤。平らな三角テトラに三脚を置いて投げ釣りを楽しめる
港内側は足下にテトラが入っている
中間付近が実績大。灯台のある先端付近は船道を狙える
隣のヨットハーバーも好釣り場だったが、震災後は堤防へのトンネル道が崩れている(復旧未定)
[吉田花渕漁港]

市販仕掛けでジューブンに戦えます!

以前は投げ釣り仕掛けというと自作に比べ貧相なものも多かったが、近年は型狙いに使えるしっかりした仕掛けも多くなった。仕掛けを自分で作るのも投げ釣りの楽しみの一つではあるけれど、自分で用意する時間がなくても市販品を活用すれば手軽に投げ釣りを楽しめる。そして、投げ釣りで釣果を左右するのは何といってもエサ使い。釣行時は特効エサを多めに持って行きたい。

■港カレイ仕掛(がまかつ)
エッグボールと金ビーズの段差バリでカレイにアピール!全長65cmと短めなのでトラブルが少ないのも特長。初夏、初冬のハイシーズンに港内など手前側を狙うのに適する。カレイが好むオール赤仕様。
■大判カレイ仕掛(がまかつ)
ハリはA1トーナメントカレイ、ハリスはシーガーフロロで大型カレイもしっかり獲る仕様。仕掛け設定はごくシンプルな全長115cmの2本バリで状況を問わず使いやすい
■達人直伝 秘投カレイ2(ささめ針)
改良カレイイレグ(黒)を使ったシンプルな2本バリ仕掛け。全長1.2m。サンラインVハードを使った大物仕様。まずはこれから始めて、魚の食い気や使用するエサに合わせてチェンジするのも◎
■達人直伝 誘光カレイ 2(ささめ針)
秘投カレイをベースに天然パールや夜光玉など飾りを付けてアピール増!濁り潮、澄み潮時のアピール効果に期待。
■投魂マダイ(ささめ針)
大物仕様のマダイ用1本バリ仕掛け。マダイ用だがカレイにも有効で、ユムシの1匹掛けやユムシ、イワゴカイとアオイソメのMIX掛けなどボリュームのあるエサ付けで一発大物を狙いたい時に!
■ユムシコウジ(がまかつ)
大物用の替えバリならコチラ。元々はタイやスズキ向けのハリだが、カレイの投げ釣りでは広めのフトコロにアオイソメをタップリと房掛けにして使うのがオススメ。丸せいごを大物用にパワーアップ!大物用ながら万能性が高く、エサを刺しやすく、魚のハリ掛かりもいいバランスのいい仕上がりになっている
仙台近郊で最大40cmまでのイシガレイを11枚の釣果。のっこみシーズンは岸近くで好釣果を上げられるチャンス!
[つりえさ倶楽部マリン仙台新港店]
キリンビール仙台工場前の店舗は仙台新港や七ヶ浜の釣り場に近く、釣りの最中に足りなくなったエサや仕掛けの補充にも便利。地域トップクラスを誇る活きエサの品ぞろえはもちろん、冷凍エサや釣り具もお買い得。連日4時からの早朝営業なので、船釣りの出船前に入り用の際にもおすすめ!
■TEL 022-786-3580

大きな地図で見る
[つりえさ倶楽部マリン新港店] キリンビール仙台工場向かい、白石倉庫隣


◆記事に書けない裏話や質問への回答はweb版 無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

※取材協力/つりえさ倶楽部マリン仙台新港店(仙台市宮城野区)TEL:022-786-3580
 
 
PR