document.write(''); [釣行記]エサは餌屋! 第7回「こんなにあった!冷凍エサその2」 | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

エサは餌屋! 第7回「こんなにあった!冷凍エサその2」

つりえさマリン 2014年12月25日配信   【その他】

プレミアム連載:エサは餌屋!
第7回「こんなにあった!冷凍エサその2」


普段、何気なく買って使っている釣りエサの基礎知識からちょっとした小ネタまでを紹介する連載企画。第7回は保存がきいて便利な冷凍エサについて、つりえさマリン仙台新港店の丹野社長と和地店長に訊いてきました。

※この記事は2013年12月にプレミアムメルマガ連載で配信したものです。


 
 
 

【小魚系シリーズ】

■オリジナルしらうお
一般には市販されていないつりえさマリンのオリジナルパック。仙台塩釜近郊で採れたもので、季節限定で市場に入荷したものを確保している。松島周辺などで春に採れて踊り食いで食べられるハゼの仲間の「シロウオ」とは別種で、こちらは脂ビレのあるサケ類の魚。冷凍すると白っぽくなり、アピール力がある。

白く細長いボディがヒラヒラとアピールし、沖釣りの五目釣りやメバル胴突きなどの付けエサに適する。その他、陸っぱりの探り釣りやウキ釣りでルアー的な使い方をするのもあり。
真っ白な細長い魚体はソフトルアーのよう。
■きびなご(小粒)
南日本で一般的なキビナゴをそのまま冷凍した市販品。キビナゴは10cmくらいのイワシの仲間の小魚で、両サイドに銀色に反射する部分があるのが特徴。小型のものを丸ごとエサ付けし、船の五目釣りなどで使用。胴突きのメバル釣りなどに有効で、食べているベイトによっては切り身とは一線を画する釣果を上げる場合がある。写真の小粒のほかに、もう少し大型で不凍処理を施した「Gきびなご」もあり。
新鮮な状態のまま綺麗に冷凍パックされている。体側の反射効果に期待大。
■冷凍イワシ
マイワシを丸ごと冷凍した市販品。東北のフィッシュイーターの実際のベイトであり、普段から使っているエサということで、信頼感からも人気が高い。活きエサが手に入らない場合の根魚五目釣りやマスナタのヒラメ釣りなどで使用。10~13匹入りの小型サイズと7~8匹入りの大きめサイズとがあり、ターゲットによって使い分け可能。
■Gハゼコ
変色防止や不凍処理を施したGシリーズの小ハゼ。マハゼ釣りの外道に釣れてくる、いわゆるダボハゼに似た仲間の小ハゼを丸ごと冷凍したもの。不凍処理をしてあるため冷凍状態でも軟らかく、解凍しないでそのまま付けエサとして使用できる。船メバルや五目釣りの付けエサとして有効。陸っぱりでも根魚の探り釣りなどにおすすめ。
小さなハゼがパック一杯に詰まっている。
■冷凍豆アジ
10cm弱の小アジをそのまま冷凍してパックに入れたもの。活きエサが無いときのヒラメや根魚、青物などフィッシュイーター全般に有効。船の胴突き釣りの付けエサや、陸っぱりのウキ釣りのエサなどとして使える。
 
 
PR