document.write(''); [釣行記]親子で楽しめる冬の温泉&ワカサギ釣り! | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

親子で楽しめる冬の温泉&ワカサギ釣り!

みっちぃ 2014年12月18日配信   【その他】

2014年11月29日に山中湖で行われた「釣りドルみっちぃと行く 親子ワカサギ釣り+温泉in山中湖」の模様を、このイベントを企画したみっちぃこと石崎理絵さんがリポートしてくれた。

このイベントは山中湖のワカサギドーム船「BOO」で釣りを楽しんだ後、山中湖温泉「紅富士の湯」での懇親会までがセットになったもの。釣ったワカサギを食べて、温泉に入ったりと、冬の釣りならではの魅力をファミリーアングラーに体験してもらった!

 
 
 

釣り初心者や子供も安心のドーム船で親子イベント開催

この夏、姪っ子とザリガニ釣りをしていて、昔、父と妹、弟と近所でザリガニ釣りをした事を思い出しました。『あぁ、そういえば小さい頃に釣りしたな』って。そんなふうにお子様たちの思い出になると嬉しいなと思い、今回、親子限定の釣りイベントを企画しました。

なんとか1匹は釣ってもらいたい。そして、トイレや船酔いの心配が少ないもの、途中で止めることができるものなどを考慮した結果、釣り物は山中湖のドーム船でのワカサギ釣りに決定。

さらに、釣って終わりでなくその後の食べる楽しみも知ってもらいたかったので、釣ったワカサギを天ぷらにしてもらう為に温泉施設の利用もプラスした贅沢プランにしました。

団体行動の為、年齢制限を設け、小学3年生以上とし、上限は設けませんでした。なので子供30才、親55才とかもアリなんです!今回は実際に親50代、子30代と20代の娘さんという組み合わせもありとても嬉しかったです。

9組21名の参加者(お子様は9名)で小学生の参加が多かったです。女子は6名でした。そしてサポートスタッフ3名がボランティアとして助けてくださいました。

東京、埼玉、神奈川周辺の応募が多かったです。釣り未経験の方や、ワカサギ釣りは初めての方などがほとんどで、初心者でのイベントとなりました。お世話になったのは実際自分も利用したことのある「BOO」。2012年オープンのドーム船はとてもキレイです。

 
快適なドーム船へ

当日は8時半集合。あいにく雨でしたが、ドーム船なので大丈夫。集合時間よりも前に全員到着し、皆さんとご挨拶。まだ眠そうな子や恥ずかしがっている子がたくさんいて、いつもの釣りと違う雰囲気に緊張しました。

さぁ、これから釣りを始めようと思った矢先に、なんと虹が見えました。このイベントに素晴らしい演出が加わりました(笑)。天気は回復傾向だけど、午後は風が出てくるとのこと。船酔いすることなく無事にイベントを終えることができるといいな。

 
窓外には虹が!

今回は手ぶらでOKという趣旨なので、船宿のレンタルタックルを利用。MYタックルを持ってこられたのは1組でした。

船宿のスタッフさんもサポートしてくださって、参加者の皆さんにワカサギ釣りの基本をレクチャー。もっとエサにビックリするのかなと思っていたけど、みなさん意外と平気な様子。でも、怖くてゴム手袋をしているお子様もいました。

 
 

肝心の釣果なのですが、前日も良くなくて、この日もワカサギの群れが小さく釣れても一瞬。そして、アタリはとても小さかったです。

モロコも多く、後半はアタリがあってもなかなか乗らないケースも多々。ちょっと経験者向けの状況ではありましたが、釣れる人を見るとみなさんスイッチが入って、また集中する具合で3時間はあっという間でした。

 
真剣なまなざしで小さいアタリに集中

お子様の手を握って釣りをしたり、釣れるまで横で真剣な顔を見ていたり、親のほうが熱中していたり、子供が魚を持った写真を撮影している親の姿を眺めたり、飽きてあくびをしちゃっているお子様の姿を発見したり、ドーム船だったのでみんなの様子が見渡せて良かったです。ドーム船にして正解でした。私自身、親子の釣りする姿を間近に見れて、とても楽しい時間を過ごせました。ここまでで全員お魚キャッチはできたので、目標達成です。

ラストの1時間はみっちぃと対決。スタートの合図は協賛品でいただいたコリスのフエラムネを参加者全員で【ピーーッ】と吹いてスタート(笑)

またここでもミラクルの演出があったのか、全くアタリがなかったのにこの時間だけポツポツあったんです。やはり対決となると周りの釣果が気になるし、競争心をあおられて、とても良い時間を過ごせたと思います。この1時間お子様たちも頑張ってくれました。みっちぃの釣果は3匹。親子の中で誰かが4匹以上釣っていれば勝ちということにして9組のうち7組が勝利。

 
 

後片付けをしていると晴れ間が出てきて富士山が見えました。このイベントは本当にミラクルな演出に恵まれていました。目の前に出現した大きな富士山にみんな大興奮!

実釣は9時から13時の4時間。子供たちの集中力も考えるとこの時間が限界だったかなと思いました。その後は「紅富士の湯」に移動して入浴と昼食でリフレッシュ。昼食には自分たちの釣ったワカサギが出てきて美味しいと言いながらパクパク食べていました。大人はほうとう、お子様にはカレーをチョイス。

 
 

入浴のち昼食となると眠くなっちゃうこのムードに、多数のメーカー様、企業様にご提供頂いた協賛品のプレゼントタイム。

まずはみっちぃと対決に勝った家族へ、そして一番多く釣った方へ賞品を。

 

その後はじゃんけん大会。このじゃんけん大会は釣果関係なく、みんな何度でも参加できるようにしました。子供たちの目が輝いて、じゃんけんを出す手に力が入っていました。

賞品は釣り関連のものだけでなく、お子様向けにアニメキャラクターグッズ、文房具、お菓子、そしてシャンプーや野球チームグッズなど。あえて釣り関連でない企業様にはこういった釣りのイベントがあることも知ってもらいたかったので、声をかけて協力していただきました。

 

そして釣りグッズはやはり大人が目をキラキラさせていました(笑)。魚種問わずオールマイティに使えるアイテムから私も使っているルアーまで、みっちぃや参加してない方々も欲しくなる賞品をたくさんご協力いただき、参加者の皆さんには必ず何かをもらって帰っていただくことができました。本当にありがとうございました!

参加者記入のアンケート、一部抜粋です。

・釣りもできて、温泉も入れて、プレゼントもたくさんあってとっても楽しかったです。またこういった機会があればぜひ参加したいです(子)

・このような家族イベントを年に2回はやって欲しい。来年も行きたいと思います(親)

・すごい楽しかったです。みっちぃに会えて嬉しかったよ。お魚あまり釣れなかったけどいい思い出になりました(子)

・子供と一緒の時は土日開催希望。大人のみなら平日開催希望(親)

・お疲れ様でした。とても楽しい一日でした。また参加させてください。最高の企画ありがとうございます!(親)

・釣りの楽しさを子供達に広めるため更なるご活躍を期待しています(親)

・みっちぃファンでカラオケ行きたいです。イベントお疲れ様でした!また会える日があったら絶対に行きます!(子)

・今日はありがとうございました。次回はぜひ、協賛もさせてください。みっちぃの考え、応援しています(親)

・釣り楽しかったです、またなんでもいいのでチャレンジします(子)

・子供に初めて釣りを楽しんでもらえました。とても良いイベントだったと思います。このような機会がなければ大人になるまで釣りを体験できなかったかもしれません。ありがとうございました(親)

 

このようなコメントをいただけてとても嬉しかったです。今回はお子様との参加だったので土曜開催にし、日曜は休んでもらおうと思って土曜にしました。土曜日に学校や習い事、お仕事のある方々も多かったので日曜日も視野に入れても良いかなと思いました。

船宿への行き方が分かったので、今度は自分たちで行きますとのご意見も。釣りにご家族でハマってくれた様子が分かり、とても嬉しかった。帰り際に、「子供とこんなふうに釣りができたのも久しぶりで楽しかったです」、「もっと開催して欲しい」とおっしゃった方もいて、このイベントが家族とのコミュニケーションの場になったことも嬉しかったです。

今回のイベントは個人企画で、窓口になってくださった方、サポートスタッフの2名の方々には大変お世話になりました。この3名がいなかったらイベントは開催できなかったと思います。

 
今回ボランティアを務めたお三方

皆さんのサポートのおかげで親子イベントは大成功に終わることができたと思います。このような親子での釣りイベントは私の数年前からの夢でした。やっと、みなさんの協力で夢が叶いました。初の親子イベントは今までと違って新たに考慮することがたくさんあり、私自身にもとても印象に残るイベントとなりました。まだまだ多くの子供たちに釣りの素晴らしさを知ってもらいたいと思っているので、次回以降も企画するつもりです。今後ともよろしくお願いいたします。

みっちぃこと石崎理絵

ブログURL
http://ameblo.jp/michiimichi/


◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

☆特別な連載記事も読める!
プレミアム会員サービス!!

釣り河北プレミアムサービス会員募集中。毎週火曜に専用メルマガを配信!東北6県の最新釣り情報をここだけでしか読めない独自編集でお届け!
入会特典等もありますので、この機会にぜひぜひご加入ください。詳細は↓↓↓をご覧ください。
http://tsuri-kahoku.jp/i_premium/premium.htm


※取材・テキスト/石崎理絵(みっちぃ)http://ameblo.jp/michiimichi/
 
 
PR