document.write(''); [釣行記]エサは餌屋! 第9回「活きエサのエサ付けバリエ!」 | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

エサは餌屋! 第9回「活きエサのエサ付けバリエ!」

つりえさマリン 更新日 2015年5月29日   【その他】

プレミアム連載:エサは餌屋!
第9回「活きエサのエサ付けバリエ!」


普段、何気なく買って使っている釣りエサの基礎知識からちょっとした小ネタまでを紹介する連載企画。今回は活きエサのエサ付け方法のバリエーションについて、つりえさマリン仙台新港店の和地店長に訊いてきました。

※この記事はプレミアムメルマガ連載として2014年3月に配信したものです。最新のプレミアムメルマガは↓↓コチラから!
http://tsuri-kahoku.jp/i_premium/premium.htm


 
 
 

虫エサ系 ~投げ釣りの場合~

【アオイソメの房掛け】
エサ落ちを防ぐために、アオイソメは頭の硬い部分にハリを通す。口からハリを通す場合と口を避けて頭の横にハリを通す場合があるが、ここでは口から通す方法を紹介します。

[エサ付けの手順]
口からハリを刺す。
頭の上の方を避けるように、腹側か横からハリを抜く。同じようにして最低でも3匹以上を房掛けする。
※頭頂部に刺してしまうとイソメが死んでしまい動かなくなってしまうので×。
長いイソメが混じっていて、抵抗になるのがいやな場合はハサミなどで切って整える(切らなくてもOK)。
大物狙いでは大きめのハリを使い、ハリに掛けられるだけイソメを付ける。
【アオイソメ&イワゴカイMIX】
アオイソメの動きとイワゴカイのニオイ(汁)のダブル効果に期待。エサ保ちのいいイワがストッパーになって、投げた時のエサ落ちを防ぐ。

[エサ付けの手順]
アオイソメを房掛けにした後、イワゴカイの頭の硬い部分をハリ先に刺して留める。
【イワゴカイの通し刺し】
切れ目からたっぷりと出る体液のエキスと強いニオイでアピール。ハリは硬い頭の部分から刺すが、頭の先端を切ってからハリを通し刺しにすると体液が出て集魚効果に期待できる。仙台のマムシ、関西のホンムシも同様。

[エサ付けの手順]
イワゴカイの頭の先をハサミ等で切る。
切り口からハリを通す。
ハリをゴカイの中に通し、ハリのチモトまでこき上げれば完成。
【アオコガネのちょん掛け】
大型のアオコガネは1匹をちょん掛けか通し刺しにする。ハリの付け方はアオイソメと同じで、頭の硬い部分からハリを刺し、脳中枢を傷つけないよう、体の横か腹側からハリを抜くようにするといい。
【ユムシ1匹掛け】
マダイやイシガレイ等の大物釣りに欠かせないユムシ。ユムシは水を吸うと大きく膨らむが、投入時に膨らんでいると大きな抵抗になるので、指で水を出してから投入するといい。
[使用するハリ]
写真は大物投げ釣り師御用達の「ユムシコウジ(がまかつ)」。丸セイゴの形状をベースにユムシ用に改良を施した。一番小さいのが16号で大きいのが20号。アオイソメやイワゴカイの房掛けなどであれば16号、ユムシを使うときは20号を選択する。
[エサ付けの手順]
ユムシの端からハリを通す。この時、「毛」のある側(割れ目が無い側)にハリを刺す。
通し刺しのような要領で、ユムシにハリを通していく。
ハリのチモトまでしっかりこき上げて、ハリがすっぽり隠れるような感じになればOK。
【ユムシイイダコ仕様】
ユムシを1匹掛けにしてこき上げ、その下に3~4匹ほどのアオイソメを房掛けにしたもの。その見た目からタコユムシなどとも呼ばれる。イソメの動きとユムシのボリュームでアピール。高活性な魚にイソメを食われてもエサ保ちの良いユムシが残るのでヒット率もUP↑イシガレイやアイナメなどの良型専門で実績があるエサ付け方法。
 
 
PR