document.write(''); [釣行記]三浦明の船宿でしか聞けない話☆第6回 志津川湾のカレイ釣りについて | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

三浦明の船宿でしか聞けない話☆第6回 志津川湾のカレイ釣りについて

三浦 明 更新日 2017年9月12日   【宮城】

三浦明の船宿でしか聞けない話
シリーズ第6回 志津川湾のカレイ釣りについて

~直結仕掛けを生んだ南三陸の名物船長に、船上や帰港後の座談会で常連さんたちに教えている内容を語っていただきました!~

※この記事は釣り河北プレミアムメールマガジンの連載企画で2013年9月に配信されたものです。
[釣り河北プレミアムサービスとは?]

[関連]

三浦明さんの連載をもっと読む

志津川湾はカレイの宝庫。これから秋シーズンは棚まわりのかかり釣りが盛期を迎える
 
 
 

第6回 志津川湾のカレイ釣りについて

前回の記事を読む

―明さんといえばカレイ釣り中の辛辣なアドバイスでも有名ですが...。
それは昔のことで、最近はお客さんの釣り方をどうこう言うようなことはほとんど無くなりましたよ。それでも、見ていて「これだけはやめた方がいい」と思うのは、仕掛けと道糸の間にタコベイトとかの飾りを沢山付けているケース。ああいうのは抵抗がかかるから落ちるのも遅いし、隣とのマツリなども多くなるので、混み具合にもよりますが、おまつりになるようならやめたほうがいいですね。

―あまり強くはアドバイスしなくなった。
最近...特に震災後は、私が歳を取って落ち着いたこともあって、カレイにしたって釣り方を見て、こういうのが悪いなどとはほとんど言わなくなりました。人それぞれ色んな釣り方があるんだから、それでいいんだなと思うようになった。実際、短い仕掛けでずっと誘っている人より、長い仕掛けで置き竿にして釣っている人の方が沢山釣ってしまう日もありますし。

ただ、半日やってもあまりにさっぱり釣れていないと、見るに見かねてということはありますが‥。仕掛けが全く合っていない人に、試しにうちの仕掛けを渡してあげると、途端に2枚も3枚も釣れてきたってこともありましたよ。

―三浦さんのアドバイスを期待して来る人もいると思いますが?
中には、うちで上手くなりたいと通ってくれる人もいますから、そんな人には何でもみんな教えています。「どこが悪いか見てください」と言って来た人に、ちょっとしたところを直してあげると倍くらい釣れたってこともありますよ。お客さんからよくない所に気付いたら言って欲しいと言ってもらえれば、もちろんカレイ釣りに限らず、他の釣種でも、そういう方には何でもお教えしていますよ。

―自分ではなかなか分かり難い問題点というのが誰にでもあるものなんですね。ちなみに、アドバイスする際に三浦さんが見るのは、どんなところですか?
カレイを一杯釣る人は手返しがいい。これが数釣りの一番のコツです。あとはアワセのタイミング。小さいアタリを取ってしっかりアワせられているか?アワせているけどスカシが多いときに、どうやってハリ掛かりする確率を上げられるか。あと、見ていてエサを長くしないで、5cm以内にまとめている人は釣りますね。それにシンプルな仕掛け。だいたい、使っている仕掛けとエサ付け、誘い、アワセを30分見ればこの人はやるなって分かる。

―釣れるエサ付けのコツは?
エサは大きくすれば大きいのが来るけど、ダランと垂らすのはよくないですね。「ハリを食わせなければ釣れないんだよ」とはよく言うのですが、エサを食わせてるだけではダメなんです。ハリを食わせるためにエサを付けているんですから、口の小さいカレイが吸い込みやすいようにエサ付けしないと。最近は水中映像が色々出ていますが、3本か4本のイソメをエサ付けして、ダランとなっているのを落としてやると、魚は1本だけ咥えて他を吸い込もうとしてるんですよ。だからそんなにバカみたいに付けるのではなく、いいとこ2本、5cm以内に小さくまとめて付けるといいですね。

―置き竿に釣れたりするのはナゼなんでしょうか?
かかりで寄せて釣る人は結構誘うわけです。でもね、例えば大型漁礁など潮があるところで誘っても、せっかく集めた魚が隣の人の方に食ってしまう(船が動いているため)。そのときの状況に合わせて魚を寄せないと、せっかく寄せても他人にばかり釣らせることになるから、潮や船の動きに合わせて考えないとだめですね。かかり釣りでも同じようなことがいえて、いっぱい誘う人の横に置き竿を置いてみると、結構そっちに食うことが多いですから。

―状況への対応ということで、ウネリなどで荒れ模様のときに釣るコツはありますか?
ウネリのときはどれだけ底を引きずるように誘うかですね。自分では底を取ってるつもりでも20cmも30cmも浮いちゃっていることがよくあります。ウネリがあって食いが渋る状況では、海底に沈んだゴミがみんな動き出します。草木とかがみんな一斉に動くものだから、そこでオモリを動かしても魚はなかなか反応しません。そうなってくると目の前に落ちたエサしかほとんど食わないから、船頭泣かせだし、釣り人もしっかり底を取る以外にこれといった対策はなかなかできませんね。

湾奥の浅場でじっくり楽しめる秋の季節は、カレイとじっくり対話できて、カレイ釣りの腕を磨くのにも最高のシーズン
 
 
PR