document.write(''); [釣行記]期間限定!亘理沖カレイ三昧 | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

期間限定!亘理沖カレイ三昧

菅野 順也 2015年4月14日配信   【宮城】

亘理沖のカレイ船では春だけのシーズン限定で、マガレイ、マコガレイ、イシガレイの3種類を一緒に楽しめる。がまかつのニューロッド「がま船カレイ一爽」を携え、菅野順也さんがカレイ三昧を堪能!

菅野さんは自身も開発に関わったカレイ竿「がま船 カレイ一爽(がまかつ)」を使用。感度の良さが一番の特徴で、「小突きやすく、オモリのわずかな上下もしっかりと感じることができます」。また、魚が掛かってからの巻き上げ時、胴に重みが乗ってもパワーは十分。大型マコガレイのダブルでもスムーズに浮かせることができる。

大型マガレイの安定した釣果を期待できる宮城県亘理沖だが、この春は知る人ぞ知るちょっと普通じゃない釣果で盛り上がっている。鳥の海沖の限られたポイントでマコガレイ中心にイシガレイも混じり、マ、マコ、イシの3種狙いが出来てしまうのだ。

乗船したきくしん丸の菊地憲吾船長によれば、「理由は様々あって定かではありませんが、泥場に餌が湧くように集中していて、それに寄ってくるようです」とのこと。マコガレイの魚影がとても濃くなるピンポイントの海域が存在するらしい。

午前5時、亘理港から出船したきくしん丸。水深38メートルのポイントで船長からゴーサインが出た。

アオイソメを2匹ずつ3本のハリに刺して投入。オモリが着底して小突き始めると、若干もたれる感じが伝わる。やはり海底は泥底だ。

泥煙が立ち過ぎないように、砂地よりも静かな小突きを心がけて誘いを開始。直ぐに強いアタリがきて、「マコガレイ?」と思ったが35センチクラスのマガレイが釣りあがった。30センチを超えるとマガレイの当たりも「プルプル」から「ブルブル」に変化する。「小気味良い感触を楽しもう」なんてフレーズは合わなくなってしまう。

次にさらに強い当たりが伝わった。今度は「ガツガツ」と強烈な感触だ。42センチの本命マコガレイ(マガレイ釣りのゲストではなくメインターゲット!)が浮上。そこからはマコガレイの食いが先行した。

マコガレイ中心に良型が連発!泥場のポイントなのでいわゆる泥付きマコも多かった
 
 
 

焦らずゆっくり食わせるのが基本。
釣期は短いのでお早めに!

菊地船長に普段マガレイ釣りに慣れた釣り人がマコガレイを釣る近道をたずねてみた。「マコガレイはマガレイよりゆっくりエサを食べるようですね。ハリが奥まで丸飲みされていることも少なく、掛け損ねも見られます。スッポ抜けが多いようなら一呼吸食わせる間を置くことも必要ですよ」

そして当日よく見られたダブルヒット。船中あちらこちらで大きく竿がしなっていた。追い食いを待つような釣り方をしなくても、ちょっとした食わせの間の時間に海底では奪い合うように大判がエサに食い付いている様子が想像できた。

私にも42cmと47cmの重量級ダブルヒットがあるなど、好釣果に恵まれた。私の釣果はマコガレイが25枚(最大47cm)、マガレイ21枚(最大41cm)、イシガレイ5枚(最大40cm)。そのうち、マコガレイの40cmアップが8枚。マガレイの35cmアップが15枚と型が揃った。

マコガレイ40UP、マガレイは35UPが普通という驚異の釣れっぷり!
「カレイ一爽」には7:3調子のM(1.7m)と8:2調子のMH(1.6m、1.8m)があり、亘理沖や仙台湾・大型魚礁にはより先調子のMHが向く。この日は感度と取り回し重視で1.6mを選択

乗船客のみなさんからも、「いつものマガレイメインと違って引きが強くて腕が痛くなったよ」や、「クーラーに入りきれないよ」などと、嬉しい悲鳴が飛び交っていた。

この絶好調のカレイ三昧だが、さすがにこれだけ釣れる期間は短い。年によってムラはあるものの、例年通りなら間もなく終息してしまう可能性がある。型を求めて50枚ペースの釣りを楽しめるのは今だけだ。

マコガレイ中心にマガレイ、イシガレイも良型
ダブルヒットも連発!型がよすぎて巻き上げが大変なくらい
今回のメインのマコガレイ。今なら40cmUPを狙える
本来の主役のマガレイ。以前は手の平サイズのイメージだったが、今は35cmUP多数!
こちらは以前から春に大型が釣れることがあったイシガレイ。50UPの夢がある
船宿は亘理荒浜漁港に大型船を複数所有する「きくしん丸」。この日は菊地憲吾船長の操船で出船した。カレイ船、カレイ五目、メバル&カレイ五目などでほぼ毎日出船中!
■予約TEL:080-1667-1181
PROFILE:菅野順也

カレイ釣りのトーナメンターとして活躍しながら、ヒラメ、メバル、マダイ、深海などの各種船釣りにワカサギ、渓流までなんでもこなすオールラウンダー。がまかつ、山豊テグスフィールドテスター、マルキューフィールドモニター。福島市在住


◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

☆特別な連載記事も読める!
プレミアム会員サービスがスタート!!

釣り河北プレミアムサービス会員募集中。毎週火曜に専用メルマガを配信!東北6県の最新釣り情報をここだけでしか読めない独自編集でお届け!
入会特典等もありますので、この機会にぜひぜひご加入ください。詳細は↓↓↓をご覧ください。
http://tsuri-kahoku.jp/i_premium/premium.htm

※取材・テキスト/菅野 順也
※取材協力/きくしん丸(宮城・亘理荒浜港)

 
 
PR