document.write(''); [釣行記]2015シーズン三陸マスジギング挑戦報告![岩手大船渡の桜ます] | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

2015シーズン三陸マスジギング挑戦報告![岩手大船渡の桜ます]

小松 悟 更新日 2017年3月16日   【岩手】

今春、空前のサクラマスフィーバーに沸いた岩手県の越喜来湾。今シーズンから本格的にマスジギングを始め、見事、板マス級をキャッチした小松悟さんからのリポートです!

大船渡市の越喜来湾~綾里湾沖が釣り場
 
 
 

2015年 三陸マスジギングが大ブレイク!

5月中旬現在、一時の爆釣状態からは落ち着いているものの、2015年の三陸・大船渡沖は記録的なサクラマス(ママス)の当たり当たり年となった。越喜来湾では数年前からサクラマス狙いのジギングが行われてきたが、船中1、2本釣れるかどうかというのが普通。今季のように船中20本以上も釣れるような状況は昨年までならとても考えられなかった。

マスジギングは去年1回やったものの、まだサクラマスをキャッチしたことが無かった小松さん。今年から本格的に狙い始め、越喜来湾に通うこと6回目、4月17日に見事3本の本命をキャッチすることができた。

朝5時、鬼沢漁港の慶漁丸で出船。ちょうど、サクラマスの回遊量のピークに近いタイミングで、綾里沖のポイントには多くの遊漁船が集まっていた。

サクラマスジギングはマスの回遊ルートでサクラマスが回ってくるのを待つ釣り。この季節のマスのベイトはメロウド(イカナゴ)の時とイサダ(赤アミ)やスムシ(ヨコエビ類)などの小動物の時とがある。

ポイントの水深は約70m。サクラマスは水深20mくらいまで浮くこともあるが、この日は少し沈み気味で魚探の反応は水深40m付近だった。「50mくらいに沈めてから10mくらいは速めのアクションで見せて、40mラインに来たら1/2回転からワンピッチのスローピッチでアクションさせました」

これまでの釣行で釣れているパターンをみていくと、サクラマスに有効なアクションは1/2~1回転のスローピッチジャークや大きくシャクってからのステイ、小刻みなアクションからのステイなど、ジグの移動距離が少ないものに釣れている傾向があった。

1本目のサクラマスは朝9時頃にキャッチ。ただこの後、風が強くなり本命ポイントから風避けポイントへ逃げることに‥
ヒットジグは「ジャックアイ・ストラッシュ(ハヤブサ)」80gのフルシルバー
レンジの下に落とすとタラやアイナメも食ってくるが、タラが浮くとマス狙いの邪魔になるのでタラは極力釣らないのがセオリーになっている

マスの捕食スタイルは、ジグに体当たりか尻尾で一撃弾いてから口を使うことが多い。最初のアタリがあってもアワせず、1/2ピッチくらいのゆっくりしたアクションで食いを誘い、ロッドに重みが乗ったらフッキングさせる。マスが一発目の体当たりをかましてきた後、アクションをつけずステイさせた方が良いと言う人もいるくらいで、アタリがあったらレンジを変えないようにじっくり誘ってみることが大切だ。

重みを感じてフッキングしたら、一定のテンションで巻き上げ。マスは口切れがとても多い魚なので無理は禁物。また、横や上に走ることが多く、特に上に走ると一気にテンションが抜けてバレたかと思ってしまうこともある程。テンションが抜けたら早巻きしてテンションを戻す必要がある。ラインを緩めたままだとバレてしまうことが多い。

「この釣りをやってみて感じたのがロッドの重要性ですね。色々なロッドで試しましたが、魚を弾かないちょっと胴に入るような調子のロッドがこの釣りには向いています」。適合負荷100g程度のライトジギング用かスローピッチ用で、なるべく柔軟性のあるものを選ぶといいだろう。

ジグはハヤブサの「ジャックアイ・ストラッシュ」。ウエイトはレンジ操作できる範囲で軽い方がよく、以前は100g、120gを使っていたが、80gに軽くしたら一気にヒット率が上昇した。

「ジャックアイ・ストラッシュ(ハヤブサ)」 フォールスピードが遅く、ヒラヒラとしたフォールアクションが特長。シャクった時のスライド幅が小さいので、緩い動きが主体のサクラマスジギングにも向いている。1/2~1回転ジャークの他、フォールやレンジ付近のシェイクもOK
風避けで場所移動してから回遊のない時間が続いたが、昼前に2本目、3本目を連続キャッチ!2本目は61cm、3.5kg(血抜き)の板マス級だった。2本目、3本目のヒットジグは「ジャックアイ・ストラッシュ」のアカキン

三陸サクラマスジギングもそろそろシーズン終盤。今季の大船渡沖は何らかの理由により回遊がハマり、釣果が集中した。
越喜来湾では11㎏キングサーモンもヒット

来シーズン以降どうなるか分からないが、せっかく定着した三陸マスジギング熱が今後も引き継がれていくことに期待したい。また、岩手沖では早くもワラサが回遊を始めており、間もなく青物ジギングを楽しめそう。マスジギングから青物ジギングへ!2015年ジギングシーズンは始まったばかりだ。

三陸の青物ジギング釣行記

この日、小松さんはメイン写真の板マス級を含む3本のサクラマスをキャッチ!
越喜来湾、綾里湾

◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

☆特別な連載記事も読める!
プレミアム会員サービス!!

釣り河北プレミアムサービス会員募集中。毎週火曜に専用メルマガを配信!プレミアム連載プラス、東北6県の最新釣り情報をここだけでしか読めない独自編集でお届け!
入会特典等もありますので、この機会にぜひぜひご加入ください。詳細は↓↓↓をご覧ください。
http://tsuri-kahoku.jp/i_premium/premium.htm

PROFILE:小松 悟

メバリンク、ロックフィッシュ、ジキングをメインに年中釣りまくり!! 時にはエサ釣りも楽しむマルチアングラー。Fishing Team HUNTER'S 所属。DRESS、ハヤブサフィールドスタッフ。
※ブログ「めばRock釣行記」http://mebarock.naturum.ne.jp/


※取材・解説/小松 悟

 
 
PR