document.write(''); [釣行記]女川~牡鹿半島の釣り場(1)~桐ヶ崎~女川港~小乗浜~ | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

女川~牡鹿半島の釣り場(1)~桐ヶ崎~女川港~小乗浜~

編集部 更新日 2017年9月26日   【宮城】

女川~牡鹿半島の釣り場シリーズ1回目は女川市街地周辺の女川港、小乗浜漁港、桐ヶ崎漁港の3釣り場を紹介します!

石巻市から女川町にまたがる牡鹿半島周辺の防波堤釣り場の現状を取材しました。牡鹿半島は仙台湾に面する南側エリアと、三陸海岸の最南端に位置する北側エリアに分かれ、暖流と寒流の影響を受けて魚種が豊富な好釣り場です。

震災後は津波と地盤沈下の影響で釣りをできない状況が続いていましたが、現在は漁港の復旧、かさ上げ工事が進み、釣り人も戻ってきています。2014年あたりから「釣り場の状況はどうなっているの?」というお問い合わせも多くなってきました。まだまだ一部で工事中の港も多くなっていますが、漁業者、工事関係者らの迷惑にならないよう注意しつつ、安全第一を心掛けて釣りをお楽しみください!

【関連】女川~牡鹿半島周辺の防波堤釣り場の現状
 
 
 

桐ヶ崎漁港

女川市街から雄勝方面へ国道398号線を走ること数分、「桐ヶ崎」の看板から降った所にある漁港。岸壁の大部分が地盤沈下で浸水する状態だったが、かさ上げ工事が進み、左奥手前の防波堤までは入れるようになった(奥の防波堤は工事中)。今シーズンは隣の尾浦漁港なども含めた女川から雄勝方面でメバルが好調に釣れている。アイナメなども有望。

手前の防波堤から先はかさ上げ工事中
奥の防波堤までの岸壁は地盤沈下したまま。防波堤自体はかさ上げが終わっている
こちらは手前側の防波堤。ここまでが釣り場
作業場の足場は完成している
向かって右側の船溜まり付近
港内は漁業作業中で無ければ車を横付けして釣りをできそう
 
 
PR