document.write(''); [釣行記]女川~牡鹿半島の釣り場(2)~横浦~夏浜~塚浜~小屋取~寄磯~大谷川浜~ | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

女川~牡鹿半島の釣り場(2)~横浦~夏浜~塚浜~小屋取~寄磯~大谷川浜~

編集部 更新日 2018年12月26日   【宮城】

女川~牡鹿半島の釣り場シリーズ2回目は女川町から石巻市牡鹿地区にかけて牡鹿半島北側の釣り場をご紹介。全体に根魚(ロックフィッシュ)が豊富な釣り場が多いエリア。横浦はメバルやウミタナゴが有名、寄磯はメバルやアイナメにカレイの実績も高い(冬場はナメタガレイが釣れることも)

石巻市から女川町にまたがる牡鹿半島周辺の防波堤釣り場の現状を取材しました。牡鹿半島は仙台湾に面する南側エリアと、三陸海岸の最南端に位置する北側エリアに分かれ、暖流と寒流の影響を受けて魚種が豊富な好釣り場です。

震災後は津波と地盤沈下の影響で釣りをできない状況が続いていましたが、現在は漁港の復旧、かさ上げ工事が進み、釣り人も戻ってきています。2014年あたりから「釣り場の状況はどうなっているの?」というお問い合わせも多くなってきました。まだまだ一部で工事中の港も多くなっていますが、漁業者、工事関係者らの迷惑にならないよう注意しつつ、安全第一を心掛けて釣りをお楽しみください!

【関連】女川~牡鹿半島周辺の防波堤釣り場の現状
  • 女川~牡鹿半島の釣り場(1)~桐ヶ崎~女川港~小乗浜
  • 女川~牡鹿半島の釣り場(3)~鮎川~十八成浜~給分浜~
  • 女川~牡鹿半島の釣り場(4)~小積浜~牧浜~狐崎~鹿立~福貴浦~
  • 女川~牡鹿半島の釣り場(5)~渡波~桃浦~月浦~侍浜~
    •  
       
       

      横浦漁港

      周囲に藻場が多く、メバル、タナゴなどが多い釣り場。防波堤周りが一級ポイントだが、取材時は工事中で入れず。港内の岸壁周りは足場がよく、投げ釣りや探り釣りを楽しめる。

      【身近な釣り場】横浦漁港

      港内の船溜まり周辺はかさ上げが終わり足場も良い状況
      左奥の防波堤は付け根の部分を工事中。岸壁の途中から立ち入り禁止になっていた
      取材時は防波堤には入ることができなかった
      工事が終われば一級ポイントの防波堤
      港内の様子

      塚浜漁港・夏浜

      五部浦湾の入り口に位置する塚浜漁港は湾口付近に位置するため潮通しがよく、秋になるとサバが回遊するなど魚種多彩な釣り場。隣には鳴き砂の浜として知られる夏浜海岸もある。一帯は砂地に藻場、ツブ根が点在する地形で、イシガレイを中心にマコガレイ、アイナメも狙える投げ釣りの人気釣り場。ルアーの根魚もOK。取材中は工事中だったが、工事の終了を待ちたい。

      【身近な釣り場】塚浜漁港

      美しい鳴き砂の砂浜、夏浜海岸。奥に見えるのが塚浜漁港
      塚浜漁港の一級ポイントである最奥の防波堤は工事中のため立入禁止
      大規模復旧工事が行われていた
      防波堤自体のかさ上げはかなり進んでいるが、岸壁側のかさ上げの真っ最中だった
      後背の斜面も造成中
      工事が完了するまでしばらく待ちましょう

      小屋取漁港

      塚浜を経由してひと山越えた先にある女川原子力発電所に隣接した小漁港。小屋取海水浴場のある砂地に根も点在し、投げ釣りのカレイやルアー、エサ釣りのアイナメ、ソイなどを狙える。防波堤外側は根がきつく根掛かりに注意が必要。

      岸壁から防波堤
      港内側
      防波堤は車両立ち入り禁止
      足場もよく投げ釣り、探り釣りで狙いやすい釣り場
      休止中の女川原発は防潮堤を建設していた
      防波堤の先端付近。港内は砂地、外海側は根が多い
      堤防の外側は磯に隣接している(立入禁止)
      砂浜側の小堤防は立入禁止

      寄磯漁港

      鮫裏湾の入り口付近にある寄磯漁港はアイナメ、メバルなど根魚や投げカレイなどの高い実績を誇る。牡鹿周辺では比較的キャパが大きく、かさ上げ工事も完了。常夜灯もあるので夜釣りもしやすい。

      寄磯漁港
      向かって右側の岸壁から見た港内
      右側の短い防波堤
      港内の足場は良い
      防波堤外側はかなり高さがあり、テトラが山のように積まれており危険
      足場の良い港内
      常夜灯もある
      左奥の防波堤もかさ上げは完了している
      防波堤手前寄り
      防波堤の折れ曲がりより先端側

      大谷川浜

      鮫裏湾奥の大谷川浜は防潮堤建設中で大規模な工事中。一帯は砂浜もかなり消失しており、復旧にはしばらく時間がかかりそうだった。

      海岸、防波堤は工事中で立ち入ることができない状況
      かろうじて水門が残る海岸
      大規模防潮堤を建設中で、県道が迂回するような形になっていた

      【釣具店紹介】オイデ釣具店

      今回の取材にあたり現地の情報をご提供いただいた。女川、牡鹿半島の最新の釣り情報に詳しく、釣り情報も定期的にアップされているので釣行前にチェックしておきたい。牡鹿周辺の釣りに必要なエサ、道具を網羅。提携している遊漁船も増加中で、船釣りの斡旋もお任せ。
      ※2018年追記:小乗浜地区の旧店舗から移転し、現在は女川市街と渡波間の国道近くの仮設店舗で営業中。

      倉庫を改装した店舗で営業中。エサ、仕掛けから釣った後に必要な発泡スチロール箱や氷まで品ぞろえは豊富


      ◆記事に書けない裏話や質問への回答はweb版 無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

      ※取材協力/オイデ釣具店(宮城・女川町)
 
 
PR