document.write(''); [釣行記]「K.K.Y」本格始動。ボートロックで宮城の夏をさらに熱く!! | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

「K.K.Y」本格始動。ボートロックで宮城の夏をさらに熱く!!

編集部 2015年8月 7日配信   【宮城】

K.K.Yとは‥
「宮城の海釣りをもっと盛り上げたい、もっと皆で楽しみたい」
そんな一心で快星丸(K)佐藤船長、こうりょう丸(K)桜井船長、Y'S(Y)浅野船長の若手有志が集まり発足した遊漁船グループです。

前列左から快星丸の佐藤船長、Y'Sの浅野船長、後方がこうりょう丸桜井船長
 
 
 

水温は上がっているものの、ロックフィッシュ活性は◎

2015年8月2日(日)、K.K.Yグループ発足の記念すべき初大会「K.K.Yロックフェスティバル」が開催された。「大会とはいっていますがロックフィッシュのお祭りで、ガチの大会ではありません。皆さんで存分に楽しめるお祭りです」とK.K.Y代表の佐藤船長。

「これからロックフィッシュを始めてみたい方、ボートロックをやってみたい、そんな初心者の方から狙うはランカーサイズ、といったベテランの方まで気兼ねなく楽しめる。そんな環境を提供できればいいですね」と笑顔で応えてくれた。

今回の舞台は、怪物が潜むロックフィッシュの聖地、「田代島」、「網地島」、「金華山」。ルールはアイナメ1~3匹の総重量が2,000gに一番近い順から入賞というもの。これは初心者からベテランまで、全ての参加者に入賞の可能性がある楽しいお祭りにしたいという意向によるもので、「終了間際のランカーサイズ1本でジャスト2,000g」な~んて一発逆転的なドラマも想定でき、初心者の方でも十分に入賞射程圏内にとどまれるというわけ。参加者の皆さんは出船前からテンションアップ!すでにワイワイお祭りモードだった。

出船は、日が昇りはじめた午前5時。参加者達は快星丸、こうりょう丸、Y'Sの3隻に分乗し、塩竈市の越の浦港を出港した。約1時間弱の航程で目的地に到着。海上はナギ、潮も流れておりマズマズのコンディション。海の上は心地よい風が吹いていた。

最初のポイントは網地島周辺の6~8mライン。「1週間前位は水温が16℃前後だったんですが、今日は24℃もあり、かなり高めですね。追波からの川水が流れ込んだせいで一気に水温が上昇したんじゃないでしょうか」とY'S(Y)浅野船長。ちなみに金華山周辺の水温も20℃はあり、全体的に高水温。ロックフィッシュ達の夏バテが心配された。

しかしながら蓋を開けてみれば、スタートフィッシングよりアイナメ、ベッコウゾイ、メバルがロ~ックオン!51cmのランカーアイナメを筆頭に良型乱舞。対象外のベッコウゾイも各船10匹を超す釣れっぷり。最大48cmのランカー級も飛び出し、船上は大賑わいだった。

田代島、金華山とポイントを移動し釣果を重ねていく。途中、潮止まりとなりショートバイト。ポツポツの場面も見受けられたが、時折ロッドを絞り込む大きなアタリに船中は大きな盛り上がりを見せた。

リミットメイクよりも、どうやって2,000gに近づけるかが重要な今大会。それは1尾なのか?それとも2尾、3尾の合計なのか?参加者各々は、自分の釣果を計測して重量を把握しながら、アイナメを入れ替え、次なるターゲットを狙い撃った。

参加者達は真夏のロックを満喫し、正午ストップフィッシング。果たして検量で2,000gに近付けるのは誰か?検量は帰港後、各船ごとに集計となった。

そんな中、優勝したのはロックフィッシュを始めて間もないという櫻井なおしさん。51cmのランカーを含む20尾以上の釣果からジャストウエイトを狙って検量し、ジャスト2,000gを達成!他の参加者たちも1,990g、2,010g、1,800g、...と、ピタリ2,000gにはあと一歩届かないものの僅差の釣果を持ち込み、ロックフィッシュは今大会が初めてという平澤悠さんもジャスト2,000gをたたき出した。結果的には当日最大のランカーサイズを釣り上げた櫻井さんに軍配が上がったが、今大会のレギュレーションの効果もあり検量は大きく盛り上がった。

左)2位、平澤悠さんは居酒屋ぎら家のオーナーさん。ロックフィッシュは今回初挑戦ながら、アイナメ3匹の重量が2,000gグラムジャストの奇跡!おしくも優勝はならなかったものの大健闘の結果!2位副賞はキャスティング商品券15,000円分と巨大なカンパチ!!
中央)優勝の櫻井なおしさん(快星丸乗船)。一人で20尾以上の魚を釣り上げ、2,000gジャスト!アイナメMAX51cmも獲り、栄冠に輝いた。優勝の副賞はキャスティング商品券25,000円分に脂ノリノリの巨大なブリと超豪華!!
右)3位の菊地怜さんは1,990gの-10gの僅差。副賞としてキャスティング商品券10,000円分と本ガツオが贈られた

K.K.Yグループは、今後もいろいろ楽しめる企画が盛り沢山。次回は青物を中心とした「ブルーフィッシュフェスティバル」が2015年9月6日(日)に予定されている。この時期にはブリ級のワラサをはじめ、サバ、イナダの活性もUP。外道でヒラメ、ホウボウなども狙え、初心者でも充分に楽しめる季節。もちろん若手船長達のフォローもバッチリだ。今季よりジギングを始めたい、もっと腕を磨きたい、お祭り好き、な~んて思っているアングラーの方は、是非ともこの機会にチャレンジしてみてはいかがだろうか。

 
 
PR