document.write(''); [釣行記]数型ともに期待大!秋の仙台湾アジビシ盛期 | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

数型ともに期待大!秋の仙台湾アジビシ盛期

編集部 2015年9月30日配信   【宮城】

仙台湾のアジビシ五目が秋の盛期に入っている。水温低下とともに脂が乗ってくるのはサバやワラサなどと同様。仙台湾内でも浅場寄りのエサ場に良型が集まり、好釣果を上げるチャンス!

9月16日、やまさ丸のアジビシ船を取材してきた。午前5:30分に要害港・鶴ヶ湊を出船し、約1時間の航程をかけて大型魚礁周辺のポイントに到着。コマセを準備し、スタートフィッシング!

午前5時30分、釣り人を乗せたやまさ丸は要害港鶴ヶ湊を出港
仙台湾ではコマセはアミエビを使用する。漁場到着後、前方デッキに用意されたコマセを各自で分ける
当日の海は凪ぎ。しかしながら前日まで荒天が続いたため濁りがあるタフコンディション。潮流も速く、釣り辛い状況
 
 
 

この日は難条件に苦戦するも、秋は良型の数が釣れる好機!

アジビシでは回遊しているアジを足止めして狙うわけだが、この日はなかなかアジの群れを捕捉できずに苦戦した。というのも、当日は前日までの荒天によるタフコンディションの影響で水色が濁り、潮流も速い厳しい状況だったため。

秋の盛期に釣れるはずの水深40m前後のポイントから始めたが、反応はあるものの本命はなかなか釣れず。強い濁りの影響か、アジよりもメバルが活発だった。メバルの反応は良く尺上クラスが多数釣れたほか、オキメバルやイナダ、サバ、ホウボウなども釣れてきた。

濁りがあったため、メバルの食いは活発。良型が多数上がった
メインのマアジ以外にもメバル、オキメバル、イナダ、サバとバリエーション豊かなお土産に期待!
【アジビシタックル】
やまさ丸ではアジ狙いのビシカゴは80号統一。タックルは電動リールに専用ロッドか、ビシを背負えるクラスの沖釣り万能竿などでも良い。仕掛けは市販されているビシアジ用の2~3本バリでOK。コマセはアミコマセ。付けエサはグミ、エビ、アオイソメを使用
 
 
PR