document.write(''); [釣行記]宮城のアオリイカ調査隊 2015牡鹿半島 | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

宮城のアオリイカ調査隊 2015牡鹿半島

編集部 更新日 2018年2月21日   【宮城】

年々、釣果実績が積み重なってきた宮城のアオリイカエギング。釣り河北でも過去に七ヶ浜周辺の状況を紹介してきたが、今回は牡鹿半島からのレポート。きっかけはヤマシタの工藤さんからのアオリイカ目撃情報!発見者の工藤さんに実績釣り場を案内していただいた。牡鹿アオリの実態やいかに!?

【関連記事】
七ヶ浜エギンガー地元アオリに大熱狂!(2012年)
仙台アオリ実態調査継続中!(2014年)





 
 
 

牡鹿半島の漁港で20杯以上のイカの群れを目撃!

以前から、牡鹿半島方面のアオリの調査釣行をしていたという工藤さん。9月初旬の釣行時に20数杯の仔イカを確認し、数杯の釣果を上げたことでアオリ熱がヒートアップ!ほぼ毎週、調査に通い、9月21日には前回大量にいたところでは見つけられなかったものの、別の港でイカを発見。

「足を含めた全長で20cm位まで成長し、2.5号のエギに果敢にアタックする個体も出てきました」と工藤さん。「2週間ほどでの成長と考えると、さらに2週間後の10月に入ればかなり楽しめるサイズになるのでは?」ということで、スケジュールを調整し、実釣調査に同行してみることにした。

9月21日に工藤さんが牡鹿半島でキャッチしたアオリイカ。周辺では複数のイカの群れを確認している

しかしながら、今秋は台風の影響など天候不良が続いて日程調整が難航。取材が流れること数回、10月15日にようやく決行となった。宮城のアオリのシーズン的にはかなり遅れたタイミング。台風のシケ後で、以前いたところにイカが残っているのかどうかも心配だった。

いわば釣行するまで、蓋を開けてみなければ分からない状況。天候は晴れたものの、お昼前から強風になる予報で、風が吹き荒れる前の短時間勝負。地元でアオリを釣りたいといっていた東松島市の千葉正博さんも飛び入り参加!

最初に入ったのは牡鹿半島の「折浜漁港」。ここは、以前工藤さんが釣り上げた実績ポイント。期待は大きい。

現場に到着すると、海が激濁り。かなりタフなコンディションだった。

「エギ王Q LIVEサーチ 2.5号」(ヤマシタ)
人気のエギ王Q LIVEにイカが好むラトル音を搭載したハイアピール仕様。群れを発見し次第、手返しよく攻められるちょい速フォールも特長。写真の490グローはさらにアピール度の高い発光カラー。ヤマシタイチ推しの2015年新製品だ
前回実績のあった折浜。水色がかなり濁っており、釣り辛い状況だった。ここのポイントは漁港隅にある砂利底のカケアガリ
【千葉正博さん使用タックル】
■ロッド:バレーヒル Fairdid K-spek 83ML
軽量で小さなエギもキャストしやすい1本。ややスローテーパーな調子は、アオリが乗った時もロッドがクッションとなりバレにくい。
■PE:サンライン スモールゲームPE0.4号
ライトゲームに最適な極細仕様のPE。視認性にも優れエギングにも適!
■リーダー:サンライン シューター7Lb
強度、耐摩耗性に優れた高性能フロロ。トーナメント仕様でリーダーにも十分対応可能
タックルの準備ができたら、まずはエギのアクションをチェックしておこう。アオリはアクション後のフォール中に抱くことが多い

アオリイカを狙い撃つべく、工藤さんに実績ポイントと攻め方を教えてもらったが、残念ながらここではノーヒット。アオリの姿も確認できなかった。すかさず次のポイントである桃浦漁港へ移動!

アオリイカのポイントの選び方。藻、防波堤ギワ、流木や泡、停泊している船のストラクチャー周りがメイン。防波堤でスミ跡があったりしたらなおgood!!
第二の実績ポイント、桃浦漁港へ。外海は風波があるタフコンディションで釣りにくく、内湾を攻めることに。手前際から順に沖目を探り釣る

桃浦漁港は今回飛び入りで参加した千葉正博さんがアオリの姿を確認していた所。ポイントを次々と撃っていく。アオリは目が良いと言われており、スレた場所などはキャスティング時に姿が見えないようにかがむとベター。

開始から間もなく、工藤さんにアタリが!しかし乗らず、コンディション的に食いが浅い様子。そうしている間に千葉さんにもアタリが...。

イカがなかなか乗らない状況に、エギのカラーをローテーしてみたが効果なし。そこで2.5号だったサイズを2.0号に落とし、反応のあったピンクカラーで再度試みることに。

すると、数投目で少し沖目の藻場周辺を丹念に探っていた千葉さんにヒット。慎重に寄せ1杯目をゲット。

前回工藤さんが試釣行をした時よりもサイズアップした全長22cmの個体が上がった。

沖目の藻場を丹念に攻めていた千葉さんに初ヒット。慌てずゆっくりと寄せて最後に引き抜く。シュパーと海水を噴射され苦笑い
これが牡鹿半島のアオリイカだ!

時合いに入ったのか、アタリが頻繁になり、すぐさま同ポイントで2杯目をキャッチ。こちらは前回とほぼ同サイズ。2.5から2.0にスイッチしたことが、結果オーライとなった。

ヒットエギは「エギ王Q LIVE 2.0号」。ピンク系色が当たった

牡鹿アオリを釣る!基本テクをチェック

アクションは2~3回ダートさせながらシャクって、フォールの繰り返し。2杯ともフォール中に乗ってきた。 アオリのアタリはラインに違和感が出るのでこれをキャッチする。触手で触れた感覚が分かればベストなのだが、初心者はとにかくラインの違和感に注意すること。

イカを取り込む際は、ラインテンションを保つようにする。ラインを緩めるとエギにはカエシがないのでバレてしまう。アオリの墨には周りのイカを警戒させる成分が含まれているので、むやみに墨を吐き出させないよう気をつける。墨の付いたエギを使う場合は良く洗い落とすのがセオリー。

また、アオリイカは他のイカ類と比べ視覚が発達している。水色が澄んでいる時は、特に慎重に攻めた方がいいだろう。

アオリイカは聴覚もバッチリ。色以外のアピール要素を持った「ラトル音」も、アオリイカにエギを見付けてもらうために有効な要素。濁り時や夜光時に威力を発揮する。

この日はデイゲームだったが、ナイトゲームも可。夜もかなり面白い。日中のプレッシャーから解放されアオリはコンディションが良く、加えて常夜灯がある場所には、アオリが集まることが多く一級ポイントとなる。夜ならヤリイカやスルメイカも期待できるかも。

この日は風も強く、アタリが取り辛かった。こんな時はラインのフケからヒットを読み取ると良い。写真は通常時
アオリが乗った時。フケたラインがスッ~と張る。アワせるとグワングワンとイカ特有の引きが!
新鮮に持ち帰る時は、即〆。目と目の間にある中枢神経を一撃!ヤマシタの「エギ王イカ絞め」が簡単で便利
ヒット~取り込み時にイカが噴射する墨。実はこの墨が曲者。墨にはアオリイカを警戒させる成分が含まれており、その墨がばら撒かれると周辺は極端に活性が落ちてしまう。墨の付いたエギは洗うか、可能であれば新しいエギに交換するとベター。またバッカン等に墨がたまっている場合は、別な場所で処理した方が良い

桃浦をあとにして第三のポイント侍浜漁港へ向かったがノーバイト。ラストの月浦漁港を釣り歩くも結果はでなかった。今回は実績のあったポイントを中心に回ったが、それ以外の漁港でも宮城のアオリイカは着実に増えてきている。渡波から鮎川にかけてを中心に目撃情報は多く、これらの漁港以外でも注意して調査すればイカに遭遇する可能性は大!

「 9月、10月のシーズンということでアオリイカを狙いましたが、これからは漁港からヤリイカを狙えるシーズンになります。すでに釜石周辺で釣れていますが、今後は唐桑、雄勝と南側のエリアでも釣れ出すはずで、今回のアオリと同じようなサイズのエギで狙えるようになります。宮城、岩手の皆さんにエギングに親しんでほしいですね」と工藤さん。ヤリイカの調査報告にも期待できそうだ。

桃の浦に続いて侍浜漁港へ。前回釣行時は数ハイの釣果があった所。しかしここではノーバイト
10時以降、強風となり風裏ポイントへ。侍浜のすぐ隣の月浦で試釣するも残念ながら姿は見えなかった
最後に、釣果のあった桃の浦へ戻った。先程のポイントではなく漁協前で試釣。ここでは姿は見えなかったものの、数回のアタリを確認した
 
 
 

【読者プレゼント】

今回使用したヤマシタの最新エギ「エギ王QLIVEサーチ2.5号」をお一人様2個ずつ、計5名様にプレゼントいたします!
※プレゼントは終了しました。


◆記事に書けない裏話や質問への回答はweb版 無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

☆特別な連載記事も読める!
プレミアム会員サービス!!

釣り河北プレミアムサービス会員募集中。毎週火曜に専用メルマガを配信!プレミアム連載プラス、東北6県の最新釣り情報をここだけでしか読めない独自編集でお届け!
入会特典等もありますので、この機会にぜひぜひご加入ください。詳細は↓↓↓をご覧ください。
http://tsuri-kahoku.jp/i_premium/premium.htm

※取材協力/ヤマリア
 
 
PR